« 富岡八幡宮骨董市 | トップページ | 木地盆 »

2006年5月27日 (土)

古唐津

「やきもの」といえば桃山の唐津が好きです。
なんと言っても土あじが面白い。
赤っぽい粘り気のある土だったり白っぽい砂のような土だったり、
窯ごとに個性があるけれどおおかた同じ作り。
グリッと削ったエッジの効いた高台がとても快い。
釉も使う度に渋くなるし鉄砂の絵付けも筆数が少なく素朴。
Hp
左から:絵唐津茶碗(道園窯)、皮鯨唐津茶碗(阿房谷窯)、無地唐津茶碗(松浦系)
後列:無地唐津片口(武雄系)

_456
かつては唐津の陶片(カケラ)もかなり集めていて
それを窯別に分けたりして所謂オタクでした。
でもこれが骨董屋になってからずいぶん役に立ちました。

|

« 富岡八幡宮骨董市 | トップページ | 木地盆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富岡八幡宮骨董市 | トップページ | 木地盆 »