« 古唐津 | トップページ | ふたたび古唐津 »

2006年5月28日 (日)

木地盆

Photo
木地盆がよく売れます。
骨董市でもちょっと高めかな〜と思って出した品も
あっさりと早朝に売れたりします。
自分でも気にいっていて「ご不要の際はいつでもお引き取りします」
といっても戻ったことがありません。
唐津マニアや伊万里フリークはいるが盆キチもすごいのです。
盆の本来の使用目的は運び盆や煎茶、懐石などの茶事や
酒席を演出するサブ的役割の道具です。
とくに木地盆は材から削り出したままか薄く生漆を拭いただけのものです。
それが最近では玉杢だ虎杢だ、栃だ脂松だとウンチク対象物。
でも分厚く野暮ったいものが多くセンスのいいものを探すのはたいへんです。
Photo_1Photo_2Photo_3Photo_4Photo_5
上段左から:栗/かなり堅い、見えにくいがカンナのろくろ目があり味がある(明治)、杉/寺院の目の詰んだ古材を使用(明治)、欅/希少な玉杢で縁が薄いが重量がある(明治)、欅/縁が根来塗りで布被せが見える(江戸)、下段;栃/かなり使われて味があり渋い。縁が薄くシャープ(江戸)

写真の品ものは完売しました。


|

« 古唐津 | トップページ | ふたたび古唐津 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古唐津 | トップページ | ふたたび古唐津 »