« ふたたび古唐津 | トップページ | 鉄のもの1 茶托 »

2006年5月29日 (月)

わが家の花/5月

Photo_7 Photo_8
大山蓮華 オオヤマレンゲ
本来は深山に自生する。花は気品があって芳香があります。
うつむいて咲くので幼子のように可愛らしいです。
花にはもうしわけないのですがわが家は下町の西向き
夏の葉焼けにもめげず何年も咲いてくれます。
根曲がり竹の鉈籠に活けてみました。


Photo_9 Photo_11
蛍袋 ホタルブクロ
キキョウの仲間が好きで涼しく育てていたのですが
昨年の猛暑でツリガネニンジンとソバナをだめにしてしまいました。
キキョウ科で残ったのがキキョウとこのホタルブクロです。
どちらもヘコタレズ強いです。
ホタルブクロは花の中に蛍を入れてランプにして遊ぶのですが
ディズニーの映画でもこの光景を見たような気がします。
たぶん薄紫のツリガネニンジンだと思いますが。
小さな漆桶に活けてみました。


Photo_12 S
ワイルドストロベリー
小学生の娘たちにはこんな可愛い実に興味がありません。
たくさんの実がなるのですが誰も摘もうとしないので
ナメクジやデンデン虫が穴を空けて食べてしまいます。
すると「ゲロゲロ〜キモチワリー!」と心ない発言をします。
古い阿蘭陀に活けていると
「パパ〜、センスあるじゃん」といわれました。


Photo_10 Photo_13
山法師 ヤマボウシ
下町にはちょっと不似合いな木です。
名前は花の形が弁慶のような頭巾をした法師からきてるのかなと思います。
じつは白く見える花はガクではじめは緑をしています。
暖かくなるにつれ大きくなり両手を拡げて
「どうですか〜!」という具合に白さも眩しいです。
毎年高く延びて花が咲いても上に向いているので下から見えなくなりました。
秋になるとロリーポップのような赤い実がやはり上を向いてたくさん成ります。
甘いのですがブニョブニョなので遠慮しています。
写真は2階の窓から撮りましたがその先には大きなマンションが建ちます。
菜摘み籠に活けてみました。


Photo_15 Photo_17
紅額 ベニガク
アジサイの仲間で咲き始めが白でだんだんとピンクになります。
薄暗い弊の中で夏は虫に喰われ冬はすべて枯れきっているのに
春になると新しい枝葉を出してがんばっています。
なんとかしなきゃと思いながら10年近く手入れもせず不精をしています。
ひょろひょろとして主張が強すぎないところに花の風情を感じます。
花器は木製面取りの火薬入れ。


Photo_18 Photo_20
香菜 コリアンダー パクチー
コリアンダーのコリってカメムシのことらしいです。
初めて渡来したのが平安以前らしいのですが、
アジア各国で食されているのに、日本だけは受けつけません。
最近では、若い人を中心に結構人気があるようですが。
小さくて可憐な花を咲かせます。種はもっと高貴な香りがします。
日本の大臣もアジア近隣諸国の宴席で、山盛りのパクチーを
バリバリ食べてたりするとかっこいいのにな〜と思います。
吹きガラスの徳利に活けてテーブルに置きました。

|

« ふたたび古唐津 | トップページ | 鉄のもの1 茶托 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふたたび古唐津 | トップページ | 鉄のもの1 茶托 »