« 民藝追懐 | トップページ | 武士の一分 »

2006年10月16日 (月)

わが家の花 / 10月

22 Photo_79
黄櫨 ハゼノキ
「わが家の花」、すっかり頓挫しまして
あれよあれよと10月も半ばになってしまいました。

都会に長く暮らして、
あまり好きになれない時季が来ました。
紅葉も赤味がなく、その先のクリスマスも雪が降りません。
乾いた北風が身にこたえます。
わが家のモミジもただの枯葉で、握るとクシャクシャパラリです。
紅葉には寒暖の差と適当な湿度が必要なのです。
この辺りは花水木(ハナミズキ)も赤くなるのですが
明るく健康的なアメリカ産外来種、愁いを感じません。
そんな中でわが家でひと際目をひくのがハゼノキです。
果実は大昔から和ろうそくの原料。
「♪はぜの葉あかくて入日色〜♪」
サトウハチローの傑作です。
夕日でなくて入日(いりひ)なんですね。
ハゼノキの盆栽、小さい秋見つかりますよ。


|

« 民藝追懐 | トップページ | 武士の一分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民藝追懐 | トップページ | 武士の一分 »