« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月27日 (水)

「アガリゲ」の正体

山形放送「ピヨ卵ワイド」6月22日放送
第2弾「ついにつかんだアガリゲの正体」

1回目の放送後のお年寄りの電話から、
ついにわたしが、サンダーバード♪の曲にあわせて登場です。
ちょっと照れくさいです。
P1 P2 P3 P4
P5 P7 P8 P9
P10 P12 P11
荒木良男(83才)さんは
小さくてとてもかわいいおじいさんでした。
昭和18年を最後に集落ではアガリゲを吹かなくなったそうです。
東北山間部の道具という情報から
一転して広大な庄内平野で
使われていたというのは意外でした。
このアガリゲ、当時は3キロ先まで聞こえたとのこと。
荒木さんやお友達に吹いていただいたのですが
お二人とも総入れ歯で今一つ。
最後は3人で鳥海山に向かって「プォ〜・・・プッス〜」
これで終了だと思います。


| | コメント (0)

2007年6月17日 (日)

「アガリゲ」を追う

山形放送「ピヨ卵ワイド」
毎週月曜〜金曜/夕方4時30分〜5時50分に
当店の木ぼら(アガリゲ)が紹介されました。
わずかな情報をたよりに現地取材したり、
役場や資料館を尋ねたりと、
興味のそそる内容になっています。
01_1 02 06
07 05 04
1回目の放送で見たことがある方を
番組で呼び掛けたところ、
80代のお年寄りが
若い頃に吹いたことがあると
名乗り出たため、急きょ、わたしが
お年寄りが住んでいる庄内地方に出向き
感動の再会をする!?ということになってしまいました。
さてこのお年寄り、吹けるのでしょうか?
放送は22日金曜になります。

| | コメント (0)

2007年6月 7日 (木)

「山の道具、山の花展」盛況!ありがとうございました。

初日、昨晩の雨もあがり清々しい朝になりました。
開展前、用意した道具に華道家の小森谷厚さんに
花を活けていただきました。
小森谷さんは、元川瀬敏郎さんのお弟子さんで華麗で繊細。
花材を自在に活け、ヘンテコな道具もビシッと決めます。
でもこの後、予想外にお客が増え
バーゲンセールのようになってしまい
申しわけなかったなと思いました。
お客が少なくなったころ、わたしが花を整えたのですが、
やはり今ひとつです。
Photo_107  Photo_110  Photo_114
Photo_117 Photo_118 Photo_119
Photo_120 Photo_121 Photo_122


謎の通信道具「木ぼら」に山形放送から取材を受けました。
山形県山間部から多く出ますが、
詳細が分からず山形県立博物館にも資料がないことから
興味を持ったみたいです。
残念ながらこちらでは放送が見れません。
Photo_123

お買上げいただいたTさんからご自宅の写真が送られて来ました。
納るところに納って、とてもうれしいです。
感謝の極み!
T_2 T_1


「山の道具、山の花展」は以前からの念願でしたが、
花との組み合わせが思っていた以上に素晴らしく、
実現出来てほんとうに良かったと思いました。
皆様には、謹んで感謝もうしあげます。
また、来年もこの展示会を開けたらと思っております。

最後に、今回の展示会のために協力していただいた
野の花「司」の庄司さん、落としを作ってくれた池谷板金さん、
道具を集めてくれた業者の方々に厚く御礼もうしあげます。
ありがとうございました。
店主 拝


| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »