« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月12日 (水)

画面で骨董や古道具をご紹介します

Web01
「古雑貨」から「web骨董市」と改めまして
毎月1回を目安に集めてきたものをご紹介します。
1品ずつコメントとサイズを記載します。
気になるものがございましたらお問い合わせください。


P1010029
1.アルミ薬缶(急須)戦前 径10cm 高7cm蓋まで
探すとなかなか見つからない無垢(鋳造)のアルミの薬缶。
すごく小さくてかわいいです。
中に小穴があるので急須で使われたものです。
丸いつまみもキュート。(売約済)

P1010022 
2.茶碗棚 明治 幅29.5cm高32.5cm奥行13.5cm
小さな茶碗棚です。けんどんの戸の溝跡が見えますが
長く使われ、トロトロの時代色がつきました。
背板に傷みはあるもののすべて木釘。
珍しいサイズです。(売約済)

P1010025 
3.弥生高杯 弥生後期 径17.5cm 高13.5cm
美しい弥生の高杯です。
表面は石で磨かれた跡がはっきりと残り
シャープで丁寧な作りです。
脚が欠けていますが鑑賞に問題なし。売約済

P1010038 
4.李朝木製徳利 胴径10cm 高15cm
たいへん珍しい木製の徳利です。
分院に見られる形です。
首と胴が別に作られ漆が塗られています。(売約済)

P1010138 
5.伊万里火入れ 江戸中〜後期 径10cm 高7cm
正確には波佐見(くらわんかなど)で作られた
日用陶器です。高台に小さなかけのみの無瑕。
同じ柄のそば猪口があります(売約済)

P1010032 
6.螺鈿盃台 江戸後期 幅14.5cm ×14.5cm 高5cm
青貝の珍しい盃台です。
手間の掛かる仕事と思います。
歪んでいますが状態は結構良いと思います。
どんな盃が載ったのでしょう。(売約済)

P1010117 
7.遼緑釉盃 遼時代 径8.2cm 高3.8cm
日本で言えば平安時代。同時期の平安緑釉は垂涎の的。
これはその本歌にあたるもの。
小さな目跡に鮮やかな草色、縁が鋭くキリッとした作りです。
見込みに小さな釉剥け以外無瑕。
前所有者は高額で買われたとのこと。(売約済)


P1010045
8.銅製薬缶 戦前 径11cm 高12.5cm蓋まで
以前紹介したものと同タイプの純銅です。
小さくて素敵なデザインです。
口を付け直してもらったのでピカピカしてますが
直に落ち着きます。(売約済)

P1010008 P1010010 P1010053
9.丹波イッチン壷 江戸後期 径10.5cm 高10cm
普通見るイッチンより白線が細く品のある上手な作り。
日本民芸というより欧州陶器のようです。23,000円

P1010046
10.黄釉ピッチャー フランス19c 径9cm 高13cm
南仏の日用陶器。
釉がムラムラと掛かり味のある上がりです。
黒ビールが美味そうです。(売約済)

P1010091 P1010092 P1010093
11.瀬戸墨流し鉢 江戸後期 径20.3cm 高8cm
墨流しは丹波では有名ですがこれは珍しく瀬戸。
降りもののざらつきと裏の縁に欠けがありますが
柔らかい上がりで洒落ています。↓9,000円

P1010049
12.木製大黒 明治  高8.8cm
どなた様か分かりにくい姿ですが小さな大黒様です。
ボロいのですが古代彫像のようでなかなか良いです。(売約済)

P1010042 
13.鉄の片口 時代不明 径11cm 高5.5cm
何処かの骨董屋が作ったものではありません。
かつては金属を溶かす道具でしたが
鉄鉢(てっぱつ)みたいでかっこいいので湯冷ましや酒次に使ってます。
小さいのですがかなり重い。(売約済)

P1010088
14.瀬戸片口 江戸中〜後期  径11.3cm 高5cm
黄瀬戸釉(灰釉)のいちばん小さなタイプでしょう。
ヒッツキの跡や口に小さな欠けがありますが
伝世されてこなれています。
これも湯冷ましや酒次に最適。(売約済)

P1010102 
15.ルリ釉茶入れ 江戸後期 胴径6cm 高6.3cm蓋含まず
面取りが素敵な瑠璃の茶入れです。
かわいい線彫りの花が瑠璃の下に見えます。
伊万里か瀬戸か判別がむずかしいのですが
磁器の茶入れはあまり見ません。
蓋は木製。(売約済)

P1010083 
16.ケヤキ玉杢盆 戦前  径28.8cm 高2.5cm
欅の瘤(こぶ)の玉杢です。珍品です。
多少盛り上がりがありますが
がたつきはありません。
生まれ瑕がありますが問題ないでしょう。
毎月の骨董市で懐中電灯で照らしながら
木地盆を買っていく熱心な若い骨董屋がいます。
これは彼より先にブログで見せちゃいます。(売約済)

P1010077 
17.ピューター皿 オランダ19c  径23.3cm 高2.2cm
リムに玉縁がないのでスッキリして好きです。(売約済)

P1010040 P1010036 P1010058
18.メディスンボトル イギリス19c  幅7cm 高24cm
よく見る肩付き円筒首のものより
古いのでないでしょうか。洒落たデザインです。
淡いグリーンで細かい気泡がいっぱいで
ソーダ水のようです。
以前、麻布十番で購入。4,500円

P1010016 
19.ワインボトル オランダ18c 径14cm 高18.5cm
お馴染みの「オニオン」ですが昔は高価でした。
ポンテを外した時にニューが入ったようです。(底のみ)
底が厚いので水をいれても問題なし。(売約済)

P1010145 P1010146 P1010147
20.杓丈 室町末〜江戸 幅4.8cm 高12.3cm本体のみ
往年に渡り使われ、宝塔もすり減り
輪も取れてますが凛とした姿を留めています。16,000円

P1010033_7
21.李朝堅手茶碗 李朝初〜前期 径14.5cm 高6.2cm
貫入がびっしり入って、使うともっと良くなりそうです。
なんと言っても高台がいいです。
竹節で小さくでっぱり粉引きの名碗を見るようです。
(売約済)

P1010020 P1010021 P1010022_2
22.ピューター盃 オランダ18c 径5.3cm把手含まず 高6cm
珍しい把手付きの小さなカップ。
控え目に模様が入っています。
酒席に立ぐいとして面白いです。
↓15,000円

P1010098
23.初期伊万里盃 江戸初期〜前期  径7.4cm 高4.1cm
堅い上がりで色に濁りはありますが古手の伝世です。
ホツが一つ。きれいな金直し。
おいしい煎茶も良し、吟醸酒も良し。(売約済)

P1010142 
24.栗木地盆 明治  径37cm 高3cm
堅い栗材ですり減ったか、もともと塗りがないのか
シャビーでなかなかの雰囲気です。
かさ付いていたのでカルナバで磨きました。(売約済)

P1010107
25.瀬戸輪線文盃 明治 径7.6cm 高4.5cm
赤津あたりの麦藁手と同じものです。
麦藁手は昭和まで作っていて時代判別が難しく
数も出回り今ではずいぶん安くなりました。
(売約済)

P1010023_2 
25.初期伊万里流水文深皿 江戸初期 径13cm 高3.7cm
流水に花びらという洒落た意匠。
初見のものです。
小さな金直しと少し甘手で
貫入に染みがありますが伝世です。
(売約済)

今回の掲載は以上です。
12月23日(日)に富岡八幡の骨董市に今年最後の出店をします。
雨天はお休みします。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »