« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

オーブン用の器

Photo_5Photo_6
Photo_7
オーブン用の器 19c フランス

ヨーロッパは古くからオーブン料理が多い。
日本でも最近では料理雑誌などで紹介されている。
でも、美味しそうに見える器がなかなかない。
耐熱磁器とかは何か味気ないし、
売れっ子陶芸家はスタイリッシュな器ばかりで
実用陶器は作らない。
やっぱりオーブン用にはヨーロッパの古いものがいい。
種類もある。
たいてい内側のみ釉薬がかかり、
赤楽のような柔らかい土や
黒い瓦器のようなものが多い。
英国のスリップウェアもオーブン用。
古い器は今のオーブンレンジにも使えるし
まちがいなく美味しく見える。
サラダにもパスタにも使えるので万能だ。
このジャガイモとチーズのグラタン、
すこぶる美味しいです。


| | コメント (2)

アルミの大皿 

PhotoPhoto_2
Photo_4
アルミの大皿 昭和前期

アルミの珍しい大皿が手に入った。
分厚くて重い。削り出したようなロクロ筋が入っている。
前の持ち主はアルミの石皿と言っていたが、ちょっと遠い。
どんな風に使っていいのか、
どんな料理が合うのか見当がつかない。
雑誌にも見たことないのでなおさらチャレンジしたくなった。
そう言えば中国やアジアの奥で
ホーローやアルミの器で食べているのを見た事がある。
なので、炒めた米やビーフンはネイティブすぎるのでやめようと思う。
家人と相談したがやっぱりサラダになった。
にぶい金属光沢が案外いい。
ほうれん草とベーコンのサラダ、シャキッと美味しいです。


| | コメント (0)

2008年1月25日 (金)

1月のweb骨董市です

Web1_2
いつもご覧いただきましてありがとうございます。
好評web骨董市、当店駐車場よりお送りしております。
気になるものがございましたら
メールにてお問い合わせください。

Photo
1.ガラス徳利 大正 胴径6cm 高16.8cm
鎬(しのぎ)が素敵な吹きガラスの徳利。
器肌がムラムラ、でこぼこしていて味があります。
口切りになっています。(売約済)


Photo_2
2.人型の板フック 昭和初期 横19cm 縦30.5cm フック高4.5cm
爆笑珍品!青森から出ました。
素人の作りで何のための道具か分かりませんが
手足がフックになっていておかし過ぎます。(売約済)


Photo_4
3.古民家の煤板 昭和初期 幅23〜28cm長69cm 厚4cm
杢目の粗い杉材でちょうな目跡がついた素朴な煤板。
はじめからこのサイズで両切り口に煤がついています。
見た目より軽い。(売約済)


8
4.三島盃 李朝初期 径10.5cm 高3.8cm 
瑕やにゅうもありますが
深さがあり酒盃として充分です。
堅い焼き上がり。銀の直し(売約済)


Photo_6 Photo_7 Photo_8
5.吹きガラス小鉢 大正 径12cm 高5.5cm
トロッとした吹きガラスで珍しいものです。
氷コップより小鉢としました。
ポンテの跡があります。
春からの酒席に。7,500円


Photo_9 
6.小机 大正  縦26.5cm 横45cm 高26cm
コンディションの良い小机です。
邪魔にならないので何かと重宝します。
組み方が分からないのですが
釘跡はありません。
不確かですが桜材のような気がします。
(売約済)

7.木皿 江戸 径16cm 高2cm
味のいい漆塗りの木皿です。
このタイプの椀はたまに見つかりますが
小さな皿は珍しいです。
裏に焼印があり、
1枚だけ塗の感じが違うものがあります。
5枚(売約済)


1 
8.黒塗角盆 江戸  縦29.8cm 横29.8m 本体高2.5cm(脚含む5cm)
布きせがありしっかりとした塗の角盆です。
胡桃脚は上等なものに多いのもうなずけます。
角に傷みはありますが他は良好です。
黒塗ですが経年により透けが出ています。(売約済)


Cha 
9.茶筒 戦前 径6.5m 高12cm
使い込まれてイイ感じの茶筒です。
少し楕円気味ですが密閉度抜群です。(売約済)


Photo_15 
10.伊万里芯切り筒 江戸後期 径5.2m 高9cm
ロウソクの切った芯を入れるということですが
詳しくは分かりません。
上品な紅葉に立田川の柄。
蓋に小さな金直しと
中にパラパラと降り物があります。
お茶入れに向きます。(売約済)


Photo_17 
11.ピューター盆 独か蘭19c 径24.5cm 高1.5cm
たいへん珍しいピューターの盆。
現地でもほとんど見つかりません。
非売品にしてましたが思いきって出しました。
裏に刻印があります。(売約済)

Photo_19 
12.張子の筒 江戸〜明治 径9.3cm 高9cm
紙に柿渋の丁寧に作られたもので
何に使われたか分かりませんが古そうです。
屋号が書かれていて
しっかりとしたヒモがついています。
天秤測りの道具かも知れません
蕎麦ちょこを落としに花活けも合います。
4000円


Jpg_2
13.フォーク  英19c  幅2.4cm 長25cm
美しいフォークで大きさもあります。
しげしげと見入ってしまいました。
表参道のアンティーク屋Uさんに分けてもらいました。
鍋に掛けるピンが折りたたんであり凝った作りです。(売約済)

Photo_23
15.輪トチ(窯道具)  江戸初 径5〜5.5cm 高0.9cm
美濃あたりの発掘の輪トチです。
箸置きしか考えられません。7,000円


Photo_24 
16.桐茶入れ 大正 6.6×6.6cm 長13.5cm
とても精巧に出来た指物の桐製茶入れです。
箱型は珍しく蓋もスーっと降ります。
底のみ黒漆塗り。(売約済)


Photo_26 
17.吹き墨マグ 伊(時代不明) 径8.5cm 高9.5cm
そんなに古くはないと思いますが
軟陶で吹き墨(スプレー)がおしゃれ。
柔らかい土でこぼれはありますが使い易いマグです。
底にCERAMINTER MADE IN ITALY
(売約済)


Photo_27 
18.木製箱 インド(時代不明)22.6×29cm 高15.8cm
かなり昔、青山で購入。
雑っぽいのですが重厚で味があります。
彫り文様と鉄金具が全面にあります。
中に紙が貼られています。
古そうですが時代が分かりません。(売約済)


Photo_29 
19.文鎮 明治 4.8×8.5m 高1.6cm
輪つなぎ文様のかわいい真鍮製の文鎮。
裏にへこみ瑕があります。(売約済)


>Photo_31
20.鉄自在 明治 最短の長さ104cm 棒の径0.6cm
細みで鉄味抜群の自在鈎。
細棒はなかなかありません。
吊るだけでも素敵。(売約済)


6_4
21.浄法寺酒上げ(ひあげ)  江戸後期  径12.5cm 高8.5cm
赤と黒のコンビが素敵な浄法寺の片口です。
数の少ない小さめサイズで酒席にピッタリ。
縁から胴にかけてヒビがあり、古い直しがありましたが
本朱でやり直しました。(写真4.5枚目)
他に目立った瑕はなし。(売約済)

Photo_35
22.初期伊万里小徳利 江戸初期 胴径9.5cm 高8.3cm 口径3.8cm
かろうじて口の一部が残っています。
だいぶ前、かけ出しの直しやさんに頼んだら
2万と言われ、その後仕まい込んでいました。
でも上手いです。
高台の雰囲気が波佐見か木原の初期かもしれません。
小指の頭が入るので頑張ればお酒にも・・・? (売約済)


Photo_37
23.コースター 戦前 径7cm 高1.4cm
真鍮に銀メッキのコースターです。1個だけ
柄が違います。「東京牧野」の銘。(売約済)


Photo_39 Photo_40 Photo_41
24.塗丸盆 江戸 径34.7m 本体高2.3cm(脚含む4.5cm)
前掲の角盆と違い布きせはありませんが、雰囲気のある塗盆です。
煤ベンガラというのでしょうかコゲ茶の濃い色です。
傷みや歪みもありますが胡桃脚のあることで
がたつきがありません。8,500円

以上、よろしくお願いいたします。店主拝

| | コメント (0)

2008年1月 4日 (金)

チョコレート色の大皿と牡蛎

Sarayoko Saraura_2
直径46センチ、かなり重い。
古いフランスのもの。
10年くらい前、西洋骨董屋のSさんがヨーロッパから
背負って持って来た。
ところがその大皿を背中から降ろしたとたんブチ割れた。
それを運良く分けていただき、すぐにがっちり直した。
Table1 Nabe 
大皿の食材は牡蛎。
冬になると欠かさずサロマ湖の1年ものを
取り寄せている。
ここのは何と言っても蒸し牡蛎が美味しい。
大鍋に殻のままガサッと入れ、
酒を振りかけて10分蒸すだけ。
海の香りが強く、甘い。
熱いうちに冷えたシャンパンを
飲みながらひたすら食べる。
勿論、生牡蛎も最高。
生牡蛎にはピューターの皿。
ピューターは他にも
チーズやソーセージなどの盛り合わせがとても合う。
チョコレート色の大皿は牡蛎しか使ったことがない。
他に使い道がないまま冬を楽しみにしている。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »