« 画面で骨董や古道具をご紹介します | トップページ | 1月のweb骨董市です »

2008年1月 4日 (金)

チョコレート色の大皿と牡蛎

Sarayoko Saraura_2
直径46センチ、かなり重い。
古いフランスのもの。
10年くらい前、西洋骨董屋のSさんがヨーロッパから
背負って持って来た。
ところがその大皿を背中から降ろしたとたんブチ割れた。
それを運良く分けていただき、すぐにがっちり直した。
Table1 Nabe 
大皿の食材は牡蛎。
冬になると欠かさずサロマ湖の1年ものを
取り寄せている。
ここのは何と言っても蒸し牡蛎が美味しい。
大鍋に殻のままガサッと入れ、
酒を振りかけて10分蒸すだけ。
海の香りが強く、甘い。
熱いうちに冷えたシャンパンを
飲みながらひたすら食べる。
勿論、生牡蛎も最高。
生牡蛎にはピューターの皿。
ピューターは他にも
チーズやソーセージなどの盛り合わせがとても合う。
チョコレート色の大皿は牡蛎しか使ったことがない。
他に使い道がないまま冬を楽しみにしている。

|

« 画面で骨董や古道具をご紹介します | トップページ | 1月のweb骨董市です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 画面で骨董や古道具をご紹介します | トップページ | 1月のweb骨董市です »