« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月27日 (水)

2月のweb骨董市です。

Web1
東京は春一番が吹きました。
芽吹きももうすぐです。
お待たせ致しました。
2月分を当店板塀前より発信しております。
気になるものがございましたら
メールまたはファクシミリでお問い合わせください。


P1010004
1.叩き出し純銅薬缶 大正 
胴径14cm 高8cm(持ち手入れて16cm )
蓋まで叩き出しのトロトロ肌の薬缶。
持ち手が鉄で鉈豆作り。
つまみも鉄という凝った仕事。
西洋雑貨っぽくない数奇者好みの薬缶。
銘なし。(売約済)


P1010051
2.ガラス徳利 大正 胴径6.2cm 高19cm
器肌がムラムラと味のある吹きガラス。
口回りもいびつで気泡あり。
吹きガラスは完成度が低いほど好まれます。
(売約済)


P1010040
3.ミニ銭箱 明治 7.5cm×9.4cm 高6.4cm
驚くなかれ極小サイズの銭箱。
子どもの貯金箱?。
蓋止めの棒以外はオリジナルで木釘も抜けていません。
都内骨董市でお馴染み ジャンク王 Tちゃんの所蔵品。
(売約済)


P1010049
4.角か骨製スプーン 英か仏 19C 長11.3cm 幅
2.4cm 
かなり前に手に入れたもので
裏にテイルのついた古いスタイル。
経年の変化で味があります。
金属器の代わりにしては手間のかかる削り出し。
(売約済)


P1010004_2
5.黒唐津筒茶碗 江戸初 松浦か平戸系 径11.5×9cm 高 7.5cm
美濃の黒茶碗を意識した珍しい筒茶碗です。
立ち上がりから少し端反りになり、見込みが広く品格があります。
呼び継ぎが2箇所、割れ直し、ホツ直しを銀で繕っていて
全体的に違和感がありません。
土は鉄分のない緻密な土で美濃土に似ています。
(売約済)

P1010023
6.オランダの茶色の鉢 19C 径18.6cm 高8cm
前掲のオーブン用の器と同じ。
現地では何焼というのでしょうか。
赤い軟陶で糸切底。ざらっとした肌。
(売約済)


P1010067 
7.白磁片口大皿 瀬戸 戦前 径35cm 高7.5cm
大きくてゆったりとした造形でなぜか片口付き。
デルフトのようなとろみのある肌で薄作り、高台はなく少しいびつです。
残念ながら片口に古い欠けがありますが
それほど痛々しくはありません。
長野から出たもので醸造に使ったものではと聞いております。
(売約済)


P1010013
8.フランス輪花鉢 20C初期  径14.5cm 高4.5cm
型作りの小鉢で全体にマーブルっぽい斑模様を施しています。
ぽってりしていて口まわりの輪花が素敵です。
(売約済)


P1010008
9.フランス輪線鉢 20C初期 径13m 高7cm
ブルーグレイのシマシマの可愛い小鉢です。
側面に型押し模様が薄ら見えます。
使い込まれて入やホツがあります。
(売約済)

P1010056 
10.古染付け皿 明末 径15.6cm 高2.8cm
わりと厚手、白濁の磁肌で呉須の発色もいいのですが瑕があります。
奇岩に松、真ん中に変な雲。不思議な絵にひかれました。
(売約済)


P1010001 
11.螺鈿煎茶盆 江戸 26cm×41.8cm 高2.7cm
「たいへん素晴らしいお品を代々続く旧家よりお預かりしました!」
と、うちから買ったものがヤフオクに出てました。
わたしの家は代々続く旧家ではありません。
巡り巡ってまた戻って来ました。
李朝風で漆は透けていて古格があります。
青貝ではなく白いので淡水貝でしょう。
割れをなおしてありますが古いなおしで上手です。
他に傷みがありますが使用には問題ないと思います。
杉箱付き。(売約済)


P1010062 
12.初期くらわんか中皿 江戸前期 径20.5cm 高3.8cm
蛇の目底で黒い呉須で薄く大根のような葉が描かれています。
波佐見の三股窯ではないかとのこと。
初期青磁の大皿もここの産が多いようです。
柔らかい雰囲気の土で高台まわりに地貫があり
カギ状の入と薄い入、裏に小さな欠けがあります。
真ん中が少し盛り上がってますが
あまりぐらつきはなく使用に問題はありません。
(売約済)


P1010083 
13.軽井沢彫りの板  大正  26cm×42.3cm 高2.4cm
戦前の外国の客向けの工芸ですが結構古いと思います。
山桜のレリーフ彫りの板ですが
おそらく机か飾り台の天板と思います。
星打ちという点々の彫りが特徴です。
材も桜。敷き板にしてました。5,000円

P1010019
14.刷毛目大茶碗  李朝初期 径18.3cm 高8.2cm
白泥と地肌のコントラストのはっきりした優品ですが
少し大きいです。
桃山の武将ならお似合いですが。
カセもなく目立った瑕もないのですが
3枚目の写真の短めのにゅうと
見込みの目跡と中心に化粧土の剥がれがあります。
濡らすと景色が出てくるのでけっこう楽しめます。
同業の知人は紹興酒と紅茶で味付けし
古い箱を付けて格を高めます。
(伝世と偽ってはいけません)これは箱なし。
(売約済)


P1010041 
15.信楽文字入り陶片 鎌倉〜室町 6.6×12cm奥行6.5cm
信楽うずくまるの陶片ですが
文字が刻まれています。
仮名文字でしょうか?貴重な資料です。
自立するので裏に落としを添えて花が活けられます。
(売約済)

P1010001_2 
16.藤原系の木鉢  明治 径27.7cm×29cm 高5.6cm
一見すると異国のものに見えますが藤原系(群馬)のものでしょう。
放射状の彫り目と裏に鉈で面取りがされており
漆が塗られてます。ヒビなど傷みはありますが
味があります。
(売約済)

P1010009 
17.欅の棚 戦前 27cm×61cm 高62cm (下段
24cm中段17cm上段12.5cm)
小さな欅の棚でしっかりとした作りです。
「売ってくれ」とよく言われたのですが
店の備品ですからとお断りしてました。
ごめんなさい今回お売ります。
(取りに来ていただけると助かります。)
(売約済)

今回は以上です。
メールまたはファクシミリでお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。
店主 拝

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »