« web骨董市/5月 | トップページ | ブリキの茶缶 »

2008年5月31日 (土)

古伊万里は楽しい

Koimari02800 Koimari0800

伊万里といっても種々様々。
その中から気に入ったものを
見つけるのは容易くはない。
生がけで絵や形がシンプルな
初期伊万里やくらわんか手は特に好きだ。
このところ染付け離れと言われているが
並べてみるとやっぱり楽しい。
和か洋かどちらかこだわらなくても
染付けも白い洋皿も共存出来る
気張らない空間がほしいと思う。


奥左:初期の網手の小碗は
力の抜けたクネクネの線が気に入っている。
福岡から仕入れたが福岡のお客に納まった。
あっという間の帰郷だ。

奥右:丸文の茶碗は中学生の娘が使っている。
部活で疲れ果てグタっとしながら食べている。

前左から:香合は最近手にいれたもの。
十字の斬新なデザイン。

大根柄のこんにゃく印判はお客から下取りしたものだが
最近になって高価なものと知った。
丸みのある逆三角形で上下にうるさい線がない。
酒の口当たりがすこぶるいい。

輪線の蓋物は昔から大好き。
何度か手に入れたがこれは呉須の色がうすく爽やかだ。

ころ茶碗はその名前がかわいい。
猪口より少ない。みかんのネット?柄が面白い。
じつはこれで吟醸酒を飲むと香りが立つ。
ワイングラスと同じだ。
吟醸酒には深い碗なり形が向いている。

というわけで、またこつこつと集めたくなった。
(ご売約ありがとうございました)

|

« web骨董市/5月 | トップページ | ブリキの茶缶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« web骨董市/5月 | トップページ | ブリキの茶缶 »