« 9月のweb骨董市はお休みいたします。 | トップページ | きのこ狩り »

2008年9月30日 (火)

きのこ狩り2

Simeji800 Simejibat800
食菌の鑑定は骨董と同じでかなり難しい。
あらゆる本を読んで分かったつもりでいると命とりだ。
食か毒か。真か贋か。だから面白いかもしれない。
いつも同じ「安全きのこ」ばかりだが
毎年1種類は試食する。(誤食はまだない)
今回はハタケシメジだ。たぶん。
じゃなければナントカシメジ。
たとえ毒のイッポンシメジでも
死ぬことはないらしいのでチャレンジする。
さっそくヌメリスギタケと天然キクラゲと
このナントカシメジをバター炒めにした。
香りがたまらなくいい。
まずは2、3切れを食べて20〜30分待つ。
家族がこちらを見ている。
めまいやシビレ、吐き気などないことを
確認して残りすべてをいただいた。
くせがなく美味い。ヌルヌル,コリコリ、シャキシャキ。
3種それぞれの食感を楽しめた。
家族にすすめたが全員拒否。

Kinoko800_2 Kinoko800u 

来年もまた出向くと思うがきのこに関しては
いつまでたっても学習できない。
詳しい方ご同行そしてご教示ください。


伊万里瑠璃鉢=皮付き里芋は秋の定番。
壷屋片口=おっこと亭に売っていた”おっこと瓜”。
味噌をつけてパリパリ爽やか。
本郷焼長皿=モロッコインゲンは普通のインゲンとは全然違う。
初期伊万里皿=好物の小ハヤ煮。
義理の母が酒と正油だけで煮た田舎の味。
でも母は赤坂育ち。
堅手ネジ皿=1cmにも満たないトマト。香りが良く食感が面白い。
奥高麗風堅手茶碗=きのこ汁はジコボーとヌメリスギタケ。
丹波片口=岩魚は遠火でじっくり焼いて岩魚酒。
無地唐津盃
旅のあとも至福の時は続く。
Utuwa800 Utuwaura800

Ruri800
1.伊万里瑠璃鉢 江戸中~後期 径17.5cm 高さ8cm
このタイプでは大きくて珍しいです。
これくらいの青が清々しいです。
縁のほつれがあり銀で直してあり、
見込みにヒッツキ跡がありますが入はなし。(売約済)


Tuboya800
2.壷屋片口 江戸中~後期 径19cm 高さ6.8cm
薄手の瀟酒な白い器に少し食傷と思っている貴兄に
こんな手応えのある器はどうでしょう。
灯火用の器でしょうか。酒などは注げないでしょう。
伏せて焼いてあり野趣のある釉が掛かっています。
濡らして使うといい雰囲気です。
縁の欠けを銀で直してあります。(右側)手前の穴は石が取れた跡です。
かなり重く備前によく似ていますが
数十万のそれと違ってこちらはカジュアルに使えます。
(売約済)


Hongoushou800 
3.本郷焼長皿 昭和   横18cm 縦10cm  高さ3cm
民芸運動の時節で作られたものでしょう。
益子かもしれません。
白黒の組み合わせが野暮ったくなく素敵です。
角にそげがあり漆で直してあります。
底に朱で印が書いてあります。(売約済)

Shoki800 
4.初期伊万里皿 江戸初期   径13.3cm 高さ3.2cm
おそらく伝世でしょう。ホツを銀で直してあります。
輪花の型作りで細い線とポタポタと描いた絵が好ましいです。
初期らしい濃い青です。(売約済)


Nejisoko800
5.堅手ネジ皿 李朝初期   径13cm 高さ4cm
白くて瑕がなければ名品です。
さらに盃サイズだったらと思うと溜息が出ます。
とは言え珍品ですが・・・。
瑕は銀直しです。(売約済)

Katade800 Katadeura800
6.奥高麗風堅手茶碗 李朝初期   径17.5cm 高さ8cm
伝世と思われる味のある大茶碗です。
初めから琵琶色出来で貫入が全体にあり古格があります。
高台も総釉でかいらぎが強ければ井戸に近いものでしょう。
小ホツがありますが目立ちません。
(売約済)

Tanba800
7.丹波片口 幕末~明治 径1 4.2cm 高7.8cm 口を入れた径15.7cm
以前に掲載したもので小さな丹波片口です。
土見せの肌と白泥のコンビが素敵です。
このサイズは見つかりません。
内側のふくれが破れて点在していますが良好です。
ニュウが2本。(売約済)

Karatu2800
8.無地唐津盃桃山~江戸初期 径7.3cm  高4.0cm
これも前に掲載したもの。
ろくろ目のある朝顔形。
赤く小さな高台が全体を引き締めています。
同じものと紛ごもうほどぴったりの陶片を継いでいます。
直しは銀で上手い直しです。
割れをくっつけてありますが目立ちません。
意外と深く量が入ります。
前回よりお安くなりました。
(売約済)

|

« 9月のweb骨董市はお休みいたします。 | トップページ | きのこ狩り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月のweb骨董市はお休みいたします。 | トップページ | きのこ狩り »