« 10月のWEB骨董市 | トップページ | うれしい盃・・・鶏龍山鉄絵盃・無地唐津盃 »

2008年11月 6日 (木)

うれしい茶碗・・・絵唐津草文茶碗・李朝三島茶碗

Ekaratu1_2 Ekaratu2 Ekaratu4 Ekaratumiko6_2
Ekaratub6_2 Ekaratucf Ekaratuhako
絵唐津草文茶碗 桃山〜江戸初  径12.2cm 高さ6.8cm

唐津好きなら誰もが知ってる草文。
焼き上がりも良く発色も濃い。
もちろん掘りの手で歪みや瑕もある。
簡素な3本の線だけで植物を表したこの絵は
阿房谷が有名だが調べてみたら他窯にもある。
これも阿房谷と思ったが道園かもしれない。
茶碗を回して眺めていると面白いことに気がついた。
細めの3本の草があり次に太めのそれ、
最後がクルンと右曲がりの1本だけだ。
はじめに描いた3本に接近するので2本描くのをやめている。
無作為のようできちんと間を気にしている。
唐津好きの知人に見せたら
回しながらこの最後の一本がいい、と。
同じ感にうれしかった。明るく健康的な碗だ。
(売約済)

Misima1 Misima2 Misima3
Misimahako2 Misimanegoro
李朝三島茶碗 李朝初期  径17cm 高さ6.9cm

清々しい三島の茶碗だ。
作行は薄く朝顔型に開きろくろ目の穏やかなうねりがある。
見込は白泥に隠れそうな暦文様。
裏は釘で引っ掻いたような凹凸感のある刷毛目。
優しいイメージのボディだが高台は力強く削りこんでいる。
三島や刷毛目の数は多い。碗相も様々。
ただ名碗を目指そうとすると気が滅入る
背伸びせず素直な碗で長く楽しめたらいいなと思う。
(売約済)

|

« 10月のWEB骨董市 | トップページ | うれしい盃・・・鶏龍山鉄絵盃・無地唐津盃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月のWEB骨董市 | トップページ | うれしい盃・・・鶏龍山鉄絵盃・無地唐津盃 »