« カジュアルな酒器と枯盆の話 | トップページ | 李朝白磁提灯壷 »

2009年3月29日 (日)

3月のweb骨董市

春だというのに寒い日がつづいておりますが
通りのモクレンは咲き乱れております。
お待たせしました。
3月のweb骨董市です。
気になるものがございましたら
メール、電話、ファクシミリでお問い合わせください。
(なお、ご購入後も画像は消せません。ご了承ください。)

A001 
1.葡萄砥石入れ 昭和  径7.5cm 高さ12.5cm
鉈差より数の少ないもの。
戦前くらいと思われますが
使われていたものです。
祖母の家の納屋にもぶら下がっていました。
細長い小さな砥石が入ってました。
(売約済)


B001
2.土偶残欠  縄文晩期 高さ5.5cm 
遮光器土偶。
道化師のようなズボンと小さな足。
左右の足の向きが違ってかわいい。
(売約済)

C001
3.白磁ピッチャー フランス 20C
径6cm  底径6.5cm 高さ8.4cm 
凹凸のボディが素敵なピッチャー。
やわらかい白です。なにかと便利そう。
(売約済)

D001
4. 黒唐津片口 江戸初期
径11.5cm 高さ6.5cm
同系の鉄釉の陶片をパッチワークのように寄せた片口。
窯の中でひっくり返ったのでしょう
高台にも鉄釉の上に自然釉がかかっています。
このくらいのサイズがうれしいです。
渋い銀の直し。(売約済)

E001 
5.大正切子コップ 大正〜昭和初期
径6.5cm 高さ10cm
珍しいカットです。しかも無色。
厚みに片寄りがあります。
2個あります。
どちらも微細なホツがありますが
無瑕に近いでしょう。
中国製ではありませんよ。
(売約済)


F001 
6.真鍮スプーン ドイツ 19世紀 
4cm×16.3cm
美しいピカピカの真鍮です。
かなり使用され紋章もボウルも摩耗しています。
まだまだ使えます。
(売約済)

G001 

7.キュノワール深皿 フランス19〜20世紀 
径22.5cm 高さ.5cm
これも尻黒(キュノワール)と思います。
NORDノール産のようです。
魚介や地ビールが旨そうですね。
見込みの釉薬が白でなく渋い味のある釉薬です。
残念なことに中ほどまで入がありますが
止まって鳴りはありません。
(売約済)

H001 
8.南仏黄釉深皿 フランス19〜20世紀 
径22.5cm 高さ.4.8cm
南仏らしい黄釉の深皿です。
朝日の射し込むキッチンと
塗りの無い木のテーブルがお似合いです。
(売約済)


I0011525 
9.土倉鉄格子 明治 56cm×56.5cm
倉窓の格子で小さなタイプです。
鉄味がいいです。
壁に掛けて蔓ものを生けても面白いかも。
(売約済)

J0011541
10.木製フォトフレーム 昭和初期 18.3cm×24.6cm
古いフォトフレームってなかなか無い。
実は鏡を改造。銀面を削って透明なガラスにして
ネジと吊カンを付けました。
某骨董店主の若かりし頃のお写真。
バンドやってたんですね〜。
けっこうウケる。
(売約済)

K001 
11.猪口型グラス フランス 19〜20世紀 径7cm 高さ7cm
教会で蝋燭を入れ火を灯す器。
歪な型作り、うれしい猪口の形。(売約済)


L0011506 
12.山茶碗(天場) 鎌倉 11cm×13cm 高さ5.5cm
美濃系 前掲の酒器のページと同じ。
形が小さめ。小さい付け高台。
自然釉が美しい。青海波の金継ぎ。
太陽光と室内(蛍光灯)の撮影に違いが出ます。
(売約済)


M001 
13.るつぼ盃 昭和 径4.2cm 高さ4.6cm
前掲の酒器のページと同じ。
グリーンのガラスが固まった小さな陶器のるつぼ。
彫金用とのこと。
小さなわりに深く呑み口がいい。
(売約済)


N0011469 
14.白磁徳利 昭和 口径2.5cm 胴径6cm 高さ18.2cm
瀬戸でしょうか。ただただ白い徳利です。
(売約済)


O001
15.李朝黒釉徳利 李朝 
径10.4cm 高さ14cm
前掲の酒器のページと同じ。
容量460ml 2合半強
好ましい理想の徳利は「尻張り」、
それより上が「球体型」と思っている。
高さがないのにいっぱい入る。
無キズ、無臭。
(売約済)


Q0011483_2 
16.ガラス戸棚 昭和初期 幅60.5 高さ27 奥行21.4
うれしい小さな戸棚。
角の組み方もしっかりしていて、
枠に引き手の溝がなくシンプルなのもグッドです。
堅い材で栓と思いましたが栗ではないでしょうか。
背板はベニヤではなく杉です。
オリジナルのムラムラガラス。(売約済)

今回は以上です。
どうぞよろしくお願いいたします。
ご連絡お待ちしております。店主 拝

|

« カジュアルな酒器と枯盆の話 | トップページ | 李朝白磁提灯壷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カジュアルな酒器と枯盆の話 | トップページ | 李朝白磁提灯壷 »