« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月28日 (日)

WEB骨董市 6月

00014685

まだまだ梅雨空ですが、わが家の屋上では胡瓜が穫れます。
ビールのお供になっております。
お待たせしました。WEB骨董市です。

present今月は最後にプレゼントクイズがあります。
メールかファクシミリでお答えください。
いちばん早く正解された方にプレゼントいたします。
後日正解も発表します。
お一人様1点に限らせていただきます。
ご了承ください。


A0014400_2
1.小さな石仏 江戸 幅5cm 高さ13.5cm
佐渡の石仏でいちばん小さなタイプだそうです。
黒く光るゴマのような粒のある火山岩で作られています。
風化はありますが手に納まるかわいい地蔵です。
後姿が良いのです。
(売約済)


B0014400jpg
2,伊万里輪線文火入れ 径10.7cm 高さ7.6cm
少し濁った呉蘇ですが人気のある輪線文です。
メガネ底より少し古いのではないでしょうか。
下部のわずかに釉剥けがあります。
入がありますが縞で目立ちません。(売約済)
Photo
購入されたお客さまより写真をいただきました。
ナデシコが清々しいですね。
Yさんありがとうございました。


C0014418
3.鉄馬 高麗末~李朝初期 
長さ15cm 高さ5.5cm
副葬品か祭祀用。
直線的で無骨。
踏ん張っているようにも
ヘコんでいるようにも見えて微笑ましいです。
鉄味もかなり良い質感です。
あまり出回らないものです。
(売約済)

D0014400_2 D0014429
4.神輿金具 江戸後期 
幅16.2cm 長さ20cm 厚み1.7cm 台からの高さ10cm
薄い黄銅板を組み合わせた簡素な燕です。
どんな神輿でしょうか。今のとは大分違います。
ちょうど町会神輿の鳥の修理を頼まれましたが
こちらは下町っぽく金キラでゴージャスです。
(売約済)

E0014452_2
5.吹きガラス徳利 昭和
径10.8cm 高さ12.8cm
個人的に大好きなものです。
薄いグリーンで気泡もあり流文が美しく涼しげです。
膨らませて作るんだな〜とつくづく見入ってしまいます。
(売約済)

F0014400_2
6.丸石 縄文時代
(大)径6.6cm 高さ3.1cm(小)径5.9cm 高さ2.7cm
作品ではありません。
北関東から矢尻といっしょに出土した石です。
ガス穴の多い火山岩です。
石皿の上で木の実などを潰したのでは
と思われますがはっきりと判りません。
紙の重しぐらいしか使えません。
(売約済)


G0014485
7.軟陶火入れ フランス 20世紀
径9.8cm 高さ8.3cm
軟らかい白土にデルフトのような錫釉。
この2色の掛け流しがドキッとするほど美しいのです。
もちろん火入れではないのですがぴったりです。
そんなに古くはありませんが素敵です。
(売約済)


H0014000
8.須恵堤瓶  奈良時代
幅16.5cm 厚み11cm 高さ20.5cm
何と言ったらいいのでしょうか。
ぼわーんとしたボリュウムのあるフォルム。
丁寧な薄手のつくりでこの手にしては瑕も小さいです。
ありふれた形なのに存在感があり思わず購入しました。
最後の写真は特に意味なし。
(売約済)

I0014516 I0014533_2
9.古式宝篋印塔 鎌倉後期 三重県出土 
3.9cm×4.2cm 高さ4.4cm
中世の舍利信仰の遺物。
泥造にしては堅い焼きで4面に座像が陰刻で型押され
底に舍利孔があります。
上部は欠損してます。
まとまって出たようですが珍しいものです。
(売約済)


J0014583
10.松灯蓋(まつとうがい)明治時代 
本体18.5cm×18.8cm 高さ41cm
松の根株を焚く灯火器。古板は後付け。
お客から「これオブジェですか?」と
聞かれますがそんな道具はないのです。
(売約済)

K0014000_2
11.硯箱 江戸~明治 
30.4cm×48.5cm 高さ22.4cm
桐で作られた大きな硯箱です。
真っ黒で無表情なところが気に入り飾り台にしてました。
すべて木釘が使われ中箱のみ杉です。
(売約済)


L0014066
12.池田満寿夫 ペン画カット 1964年 
本紙23.5cm×23.5cm  額36.8cm×44cm
鑑定に出したわけではないのですが雑誌のカットとのこと。
表にサインがなく後で裏にデカデカと
筆で書いてもらったようです。
キャンソン系の水彩紙にペンで描かれてますが
女性らしき姿など満寿夫っぽいです。
学生時代は憧れの作家でした。
美術のほうですが。
(売約済)

M0014660_2
13.常滑山茶碗 鎌倉 
径 15.6cm 高さ4.8cm
な~んだ、とお思いでしょうが
ご覧いただくと分かるように平たいのです。
常滑の白い土で堅く焼けているので使えます。
これからの季節に涼やかです。
割れがありますががっちりくっ付いています。
(売約済)


N0014030
14.百目箪笥 江戸
30.8cm×58.2cm 高さ46cm
小ぶりで珍しい箪笥です。
杉でつくられすべて木釘。
経年使用のため良い味になっています。
天板も輪もなく良好。
下の引出し左上に鼠にかじられた古い跡がありますが
大きな瑕もなくしっかりしています。
側面に指を掛ける穴が二ヶ所あります。
杉とはいえけっこう重量があります。
(売約済)

N0014900jpg_2
15.吹きガラス徳利2 昭和
底径6.4cm 口径2.1cm 高さ16.8cm
こちらはスタイリッシュな細身の円錐形。
若干、口元が垂直に立ち上がります。
少し黄味ある色で厚みのある型吹き、
底は片薄になってます。
これからの季節いいですね。
(売約済)


O0014000jpg_2
16.時代やつれ盆 江戸
径26.5cm 高さ3cm
材は栗。元は赤漆が塗られた日の丸盆ですが
経年の使用と劣化でやつれ味がGood!
内面に反りがあり多少盛り上がりはありますが
しっかり使えます。裏も赤と思われますがコテコテです。
写真の方がリム(縁)が薄く見えます。
神経質な方絶対ムリ。
(売約済)


P0014000jpg
17.美濃サヤ鉢 江戸初期
径24.5cm 高さ9cm
灰釉碗がくっついたたいへん珍しいサヤです。
迫力満点で花生けにしようと求めましたが
実現せず忘れておりました。
こけ玉や草ものの根洗いなんてどうでしょう!
中の灰釉碗に水が入ります。
資料的にも貴重です。
(売約済)


Q0014060
18.猪口型グラス フランス 19世紀 
径6.9cm 高さ6.9cm
教会で蝋燭を入れ火を灯すグラス。
薄いつくりで歪です。なにかに例えるなら
バケツの水を凍らせてスポッと抜いたような感じ、でしょうか。
presentプレゼント商品です!
Q.熔けたガラスに空気を吹き込んで器をつくる製法を
吹きガラスと呼びますが、その中でも木型や金型に、
熔けたガラスを吹き込んで成形する技法とは?

正解者が出ましたので終了しました。正解:型吹き

R0014725
19.木地盆 戦前
径26.5cm 高さ3cm
少し小さめですがちぢみ木目と立ち上がりのカーブが
好ましい欅の盆です。
木地盆展ではラインアップに変化を出したかったので
惜しくも選ばれなかったものです。
presentプレゼント商品です!
Q.芭蕉が詠んだ句で「盃の下ゆく菊や朽木◯」
◯の中に入る漢字1文字は?

正解者が出ましたので終了しました。正解:盆


以上です。気になるものがございましたら
メール、ファクシミリでお問い合わせください。
なお、プレゼントクイズは答えをメールかファクシミリで
お送り下さい。 
よろしくお願いいたします。店主 拝

| | コメント (0)

2009年6月18日 (木)

イタリア料理の本と板

R0014369

R0014371 R0014372 R0014374_2 

R0014376_2 R0014377 R0014373_2

米沢亜衣さんの2冊目のイタリア料理の本が出ました。
デザインは山口信博さんです。
今回も写真がとても美しく
レシピも分かりやすい工夫がされています。
素朴な家庭料理満載でレストランだけがイタ飯ではないのです。
器も瑕や染みがあったりと現役で頑張っている姿が素敵です。

R0014367 R0014379_2

じつは器の下に使われたのが当店の栗の板なのです。
かつて麻布十番で見つけたものですが
入手後に屋上に立てかけて忘れてしまったもので
雨ざらしでいい味に仕上がりました。
まさにシルバリーウェザード。
よくぞ働いてくれた。ご苦労さん。(店舗備品)

イタリア料理の本2 A Spasso per I' Italia
米沢亜衣/著
アノニマ・スタジオ
発売/KTC中央出版 1,900

| | コメント (0)

水玉の蓋物

R0014289_2

R0014299 R0014157 R0014135 R0014327
水玉文青貝蒔絵蓋物  江戸前期  胴径10.2cm 高さ9cm
薬師如来の薬壷のような形。
蒔絵の菊花、鉛、青貝。
蓋や胴に水玉が重なり合いながらバランス良く配置されている。
高台の中は梨地。
地の漆は透けて深みのある飴色。
武家の女性が使ったものか。
所々直されながら大事にされている。

R0014169jimi_2
金平糖、豆菓子など茶請けに活躍したが
桃の節句にも菓子を入れて飾る。
始めはいっぱいだった菓子が数日後蓋を開けてみると
3個ほどになっている。
最近はそんなこともなくなった。

(ご売約ありがとうございました)

| | コメント (0)

2009年6月 9日 (火)

無地刷毛目茶碗

R0013044
無地刷毛目茶碗  口径14.7cm 高さ6.5cm 高台径5cm

just good!なサイズ。
穏やかな姿で見込みの鏡も滑らか。
釉薬(化粧土も含め)はうどんこ糊のようにドロッとしている。
胎土に小石が多いので表面にボコボコ感がある。
なんの変哲もないとよくいうが
実際そうだったら嬉しくない。
少しは変哲で楽しめるものが欲しい。
あとは持つ人しだい。
人格者が持つと違って見える。
その逆も然り。

瑕は二ヶ所。
箱はオリジナルでそこそこ古い。
古い緞子に包まれている。
半伝世とはヘンテコな言い方だ。

R0014040_2 R0014038 R0014063 R0014056 
R0014089 R0014080
(お買上げありがとうございました)

| | コメント (0)

2009年6月 7日 (日)

真四角の根来角盆

Negoro1

R0013764jpg Negoro5 Negoro8 R0013735
根来角盆 江戸初 33.5cm 33.1cm 高さ2cm

木地盆探しで頭をいっぱいにしていると、
反動からか他の思いが湧いてくるもので
以前から欲しいと思っていた真四角の根来盆が頭をかすめた。
ところが幸運というか偶然にも木地盆探索中に見つけた。
剥き出しの黒地が洒落ている。しかも、かなり低い。
念じていれば望みが叶うこともある。
さて、いろいろ載せてみたいと思うがまともな道具がない。
鍍金の残る小品。青く透けた勾玉。雨漏りの出た盃。
洋物白磁も面白いかも。。。。
しばらくは妄想も楽しい。

(ご売約ありがとうございました)

| | コメント (0)

2009年6月 3日 (水)

「気張らない木地盆」展ありがとうございました

「気張らない木地盆」展ではたくさんの方々のアクセスと
お買い上げいただきまして真にありがとうございました。
3日ほどの期間を考えておりましたが数時間のうちに
完売になり心から感謝しております。

この企画展のために少しずつ集めてまいりましたが
今回の17点は集めた数の3分の1ほどです。
中には味がいいけど縁が高いものや
古格があるのに後から歌が彫ってあったりなど、
セレクト漏れも多数あります。
これほど多く盆が作られ使われているのは
日本だけではないでしょうか。
木目や材、形もバラエティ−に富み使い方も様々です。
また時期をみて催すことも考えております。

入札商品へのご入札もありがとうございました。
どうしても電子メールの早い方が落手され
もっと吟味したい方や都合がつかず通信が遅れてしまう方のため
この方法を試みました。
ヤフオクと違いテコ(つり上げ協力者)がないため
公正な入札方法と思っております。
次回出品にも取り入れたいと思います。

今後ともご支援くださいますようお願いする次第とともに
重ねて御礼申し上げます。

一二三美術店 店主 拝

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »