« 或る日の晩酌 | トップページ | web骨董市 3月 »

2010年3月22日 (月)

李朝刷毛目小碗

R0025581_2

R0025600 R0025649 R0025633_2

R0025746 R0025718 R0025725_2

李朝刷毛目小碗 李朝前期
径12.5cm 高さ5.5cm

白泥を刷毛でコッテリ塗った刷毛目茶碗。
その塗り跡が深い溝となって立体感を作っている。
小さいが小石混じりの胎土でゴリッと分厚い。
透明釉は溜まりが青く、高台脇に指跡がある。
さらに見込みには丸い釘彫りがある。

面白い要素がコンパクトに備わっている。
高台の瑕は残念だが直しはかなり上手。
知人が長年愛蔵していたものを吹っ切れたと言って分けてくれた。

碗は生来の物足りなさを経年変化で補おうとしがちだが、これには無用。
ただし、使い込めばもっと面白くなると思う。
大きいだの、小さいだの、約束は気にしない。
むしろオールマイティーに使いたい。




茶に・・・・

R0025679_3


酒に・・・・

R0025491_2


そして、旅に・・・・

2_2
(ご売約ありがとうございました)

都内某浜辺。この日は大潮で遠くまで干潟になった。
カップルが水際まで歩いて行った。
BGM/http://www.youtube.com/watch?v=RUpO-zRSHLM&feature=related

|

« 或る日の晩酌 | トップページ | web骨董市 3月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 或る日の晩酌 | トップページ | web骨董市 3月 »