« web骨董市 4月 | トップページ | 弥生の花生けと道端の草 »

2010年5月13日 (木)

木の器

R0027498_2_2

木の器で盛りつけたいと思っていたが
やっと適当なものが集まったのでさっそく実践。
簡素な繭皿や木地の皿は安くてお手軽。

R0027550_2 R0027552_2_2 

R0027555_2_2 R0027560_2

R0027504_2_2

上段左から/藤原系木皿 径24cm
繭皿だろうか。放射状の彫りが洒落ている。
柿渋が塗ってあり、いい感じなので拭き漆をしてコーティングした。

栗の木皿 径20.5~21.5cm
栗の木を手斧でざっくりとはつっただけの簡素な木皿。

下段左から/繭皿(小) 径22.5~24cm
小さいが深さがある。
これも柿渋が塗ってあり、汚れを洗い落として拭き漆のコーティング。

繭皿(大) 径31cm
繭皿は栃の木が多いが餅臼や麺板に使われるので器にも向いていると思う。
環孔材(年輪に沿った導管のある材)ではないので汚れが入りにくい。
白っぽいものを更に洗い込み、マッサラに。
濡らしてから使うと染みが付かない。
オイルフィニッシュでもいい感じに。
(オイルフィニッシュには必ず食用の油を使う)


ng繭皿で黒くて味のいい煤が被ったものがあるが
煤が溶け出すので不向き。
虫穴やクラックがあるものも避ける。




R0027629_4

木の器は陶器の中に合わせても変化が出て食卓が楽しい。

最近は中性脂肪と尿酸値がかなり高い。(因にデブではないpig
医者にも脅された。hospital
永きに渡る悪しき生活習慣を反省しつつ
気を配った食材で文字通り草食系で行こうと思っている。capricornus


R0027584 R0027620 

R0027591 R0027604

上段左から/空豆とジャガイモのサワークリーム添え
葡萄、殻付アーモンド、酵母パン
下段左から/フリッジと野菜のマヨネーズ和え
タンポポと豆とヒジキのサラダ
(木の器は販売しておりません)

|

« web骨董市 4月 | トップページ | 弥生の花生けと道端の草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« web骨董市 4月 | トップページ | 弥生の花生けと道端の草 »