« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

web骨董市 6月

Photo_2

R0030355 R0030360

Photo_3 R0030958_2

運動不足なので最近は清洲橋まで歩きます。
この橋は昭和3年の完成で鉄骨ながら優美なデザイン。
ここに来るたび、鉄肌に触れながらしばらく和んでいます。
この辺りは相撲部屋が多く
渦中の大嶽部屋もすぐ近くにあります。

お待たせしております。
6月のweb骨董市です。
気になるものがございましたら
メール、電話、ファクシミリでお問い合わせください。

(なお夜間のお電話はご遠慮ください)



R0030767_2

1. 丹波栗皮釉鶴首徳利 江戸後期 
胴径18.2cm 高さ25.3cm
本で目にしますがが実物はあまり市場に出回りません。
肌の色合いや独特な形に面白さがあります。
本によると「鶴首徳利はたいへん難しく、よって
名工の手になるものが多い」とあります。
使ってみると結構楽しいです。無瑕。(売約済)



R0030807_2 

2. 黒高麗徳利 李朝初期  胴径8.4cm 高さ10cm
高台脇に目跡が並ぶ初期に見られるタイプです。
形が可愛らしく胴に強いロクロ目があります。
小さな割にしっかりした高台。
口まわりが薄く酒の切れが良いです。
口に欠けがあり漆で直してあります。
発掘ですが経年の使用で艶やかです。
油臭なし。一合ちょうど。(売約済)



R0030859_2 

3. 白薩摩徳利 幕末 胴径8.3cm 高さ17cm
初めて手にしました。
ゆで玉子の肌のような軟らかい磁器です。
酒で貫入がびっしり入り味があります。
伊万里にも白丹波にもない不思議な質感です。
口回りに漆の直しがあります。容量430ml (売約済)



R0030512_2
4. 時代まな板 明治~昭和  18.5cm 41cm  高さ3.6cm
何を切ったものか、真ん中が凹んで
小品を置くには丁度いい感じです。
ヒビがありますが直してあります。
材は松です。(売約済)



R0030552_2

5. 鉄の片口と銅の片口 戦前 
鉄/径10.1cm 高さ7cm 銅/径10.5cm 高さ4.5cm
良質のジャンク(?)
鉄の方はるつぼでしょう。かなり重く錆びもあります。
磨くか、錆させるかはお好みで。
銅は薄い叩き出しで折り返しを付け、
内側は錫が引いてあります。(売約済)




R0030364_2 
6. 古万古急須 大正 胴径10.4cm 高さ8.5cm
薄く軽い。焼く前に磨きをかける丁寧なつくり。
かなり熟練の作。
大振りなので4〜5人分は入れられます。
もとは漢詩が書かれたと思われますが
すり減っています。銘がありますが浅学で分かりません。
蓋に欠けがありますが使用には問題ありません。
(売約済)




R0030567
7. 錫急須 大正  胴径9.8cm 高さ11cm
持ち手や口が直線的で面白い形です。
前出と違ってかなり重いです。
口がストレートで長いので注ぎやすいです。
これも4〜5人分の湯量が入ります。
茶漉しの小穴がないので市販の網が要ります。
すずや◯◯の銘がありますが分かりません。
(売約済)


R0030586_2 

8. 鉄燭台 明治 高さ58cm(最短)
捻りを付けた鉄棒のユニークな燭台。
自在で伸びます。(売約済)





R0030606_2 
9.鉄硝煙入れ 江戸 径10.3cm 厚み3.7cm
初見です。鉄味が最高。
珍品の硝煙入れで中にまだ火薬が残っています。
美術倶楽部系の交換会で競ってGet!
花入れにしようと思いましたが
針金の取り付けで苦労しました。
(売約済)




R0030649 R0030657

10.時代木箱 李朝  14.8cm 22.4cm 高さ7.5cm
松の木を裂き荒い削りの板を張り合わせただけの素朴な箱。
よく形になったと感心します。
(売約済)




R0030735_2

11.ホーロートレイ イギリス 径22.5cm 高さ3cm
1920年代と言ってましたが。
マーブルパターンの味のあるパイ用のトレイ。
古い七宝のような質感ですがこれも表面はガラスなんですね。
(売約済)




R0030676_2

12.木皿 江戸 径18.8cm 高さ3cm
5枚欲しいです。
ロクロを使わず鑿の仕上げですが丁寧です。
下地に地の粉がつけてあるようです。
能登の方でしょうか。質の良い漆皿です。
(売約済)




R0030921_2 R0030945_2 R0030932_2

R0030927 R0030941_2

13.唐津向付 江戸初期 胴径13.9cm 高さ5cm
江戸に入った平戸系の唐津。
比較的に瑕が小さいので
呼び継ぎより漆の直しでいいと思います。
深いので見栄えがします。
8.000円



R0030713_3

14.時代塗碗 江戸 胴径12.2cm 高さ8cm

父「今日からお父さん、これだから」

子「まただよ~」

母「自分で洗ってね」

父「ハイ、ハイ・・・」

ほのぼの家族の食卓風景ですね。
合鹿碗のような分厚いしっかりした碗。
布被せはないようです。
堅牢です。すぐに使えますよ。
(売約済)



R0030771_2

15.ブリキ水筒 幅10.2cm 高さ17.5cm
グッドな鉄味のブリキ。
肩のラインがきれいです。
水が漏れないので花生けにどうぞ。
(売約済)


今回は以上です。
メール、電話、ファクシミリでお問い合わせください。

|

2010年6月21日 (月)

李朝白磁立壷

李朝白磁立壷 18世紀後半 高さ33cm

Tachi0030237_2

R0030233_2 Tachi030223_2

R0030287_4 R0030262_2
民藝館の朝鮮陶磁展は
見応え充分で素晴しかった。
当店のお客も暫しその話題になった。
やはり目に入ったのは提灯壷と立壷。
憧れの李朝白磁だ。
どちらもなかなか市場には出回らない。
日帝時代の模倣品を李朝末期だ、と言われ
満足している方も多いが、いつかは本歌を手にしたいと思う。

当店にも知り合いから預かった立壷がある。
首が少し長いので18世紀の終わりの頃と思う。
白い肌の中にも透明感のある青味や薄ピンクの変化があり
貫入が網のように入る。
どこか裸電球のようで静寂というより朗らかさを感じる。
口に二ヶ所の古い共直しと首から降りたヒビ、さらに胴の窯瑕がある。
民藝館の所蔵品も随分瑕のあるものが多いが
人々に使われて来た証。
空間に凛と鎮座させるもいいが畳の上にごろごろさせても
気楽で良い。(ご売約ありがとうございました)

| | コメント (0)

2010年6月16日 (水)

李朝の小棚

R0029929_3_2

李朝小棚 天板16cm 48cm 高さ55cm

初めて見るサイズ。
古材を詰めた再生品ではない。

李朝の棚は若い頃から垂涎のもの。
何種類かタイプがあるが
いずれも簡単には見つからず、しかも高価と知った。
これは天板が長く棚板の片側に飾りがある祭壇のような形。
材は朝鮮松と思う。
かなり太い木釘が使われている。

もとは李朝に明るい同業者が持っていて、
「オンリーワンです」と言っていたが、納得。
やはり、それなりの値。
でも、有りがちな唐津盃より安い。
持ち帰って部屋に置いてみたが、
いつものように見合う小品がない。
真っ白な水滴や金銅仏など、思いばかりが巡るが
何も無い姿も美しい。

R0029990_3 R0029720

R0030025_2 

R0030011 R0030013 R0030039 

R0029884_2 R0029916_2
(ご売約ありがとうございました)

| | コメント (0)

2010年6月10日 (木)

古渡りのデルフト

R0029505_2

デルフト両手付カップ  オランダ17世紀
径13cm 最大幅20cm 高さ6cm

「阿蘭陀香炉」と書かれた
古い箱に入っている。
仕覆と火屋付、見立香炉。
箱の中も固定できる凝ったつくり。
古い時代に輸入された古渡りと思う。

国内でこのような古いデルフトに出会えたのは幸運だ。
天使の羽のように気高く優美。虫食いはあるが無瑕。
文献によるとこの両手付タイプは1650~60年とある。
こちらでは江戸前期だ。

現地でもこのタイプは稀少でしかも完器は望めない。
この箱仕立てで無事に伝わったと思う。

R0029516 R0029621 R0029635

R0029574_2_2
(売約済)

| | コメント (2)

2010年6月 2日 (水)

web骨董市 5月

A0028272_2

陽射しも強くなりやっと半袖で歩けそうです。
今回はもうしわけありません。
5月分が6月にずれ込んでしまいました。

気になるものがございましたら
メール、電話、ファクシミリでお問い合わせください。
(なお夜間のお電話はご遠慮ください)



R0028352 R0028373

1.備前ちび角徳利 江戸後期 8.5cm 8.5cm 高さ12cm
この形は珍しい。ロクロで挽いてから板で面をとったもの。
イビツでコロコロした感じでかわいいです。
窯詰めの藁が肌に残り景色に。
肌に堅さも無く、色も渋く落ち着いています。
油徳利と思いますが、
中は漂白してきれいですが燗より冷やが無難です。容量2合
(売約済)




R0028568_2 R0028572_2

2.時代小引出し 江戸  幅10.8cm 高さ 14.5cm 奥行21.6cm
真っ黒で味のある道具入れです。
荒いノミ跡のある板で組んだ粗末なつくり。
引出しの中はベンガラが付着しているので
塗師が使ったものかも知れません。
(売約済)




R0028765_2
3.山茶碗(美濃系)鎌倉 13.3cm 5.3cm
磁器のように白い緻密な土。
薄く挽いた品のある山茶碗で前代の猿投のようなイメージです。
見込み半分に自然釉がキラキラと景色をつくっています。
2カ所のそげと見込みの窯瑕を
灰とエポキシを混ぜてきれいに埋めました。
水が漏れないのでこのまま使えます。
(売約済)




R0028467_2 
4.時代漆塗片口 江戸 径20.3mm 高さ6cm
低い形の面白い片口です。中は鮮やかな赤漆。
外側上部を手斧ではつって面取りになっています。
ヒビを漆で直してあり、このまま菓子鉢や食卓で使えます。
(売約済)




R0028622_2 R0028448_2 R0028451

R0028453 R0028458_2

5.魚型自在鉤 明治~昭和 長さ28cm
小さな自在です。
爆撃機から落ちてきそうなユニークな形。
乾燥割れがありますが黒光りのいい味です。
6.000円4.000円



R0028715

6.伊万里白磁細首徳利 江戸中期 胴径10cm 高さ25.5cm
見飽きない美しい器形です。
とろみのあるくらわんか手のような肌合い。
首を細く挽くには熟練の技と思います。
口の銀継ぎと、首の根元6cmくらい目立たない入があります。
(売約済)



R0028316_2
7.竹の魚籠(びく) 幅17cm 高さ18cm
初くて、竹味の良い魚籠です。大きさもベスト。
実際に使われたもので
ほつれも無く夏に相応しい花器です。
最近では味のよいものが出てきません。
(売約済)



R0028535 R0028561_2

8.木地盆(栃) 明治 径36cm~37.3cm 高さ4cm
荒めに挽いた味のある盆。厚みも重量もあるしっかりしたものです。
栃なので北関東から東北でしょうか。
この手は見なくなりました。
(売約済)



R0028703

9.木地盆(桜) 戦前 24.5cm 42cm 高さ2.9cm
手彫りの煎茶盆です。
立ち上がりに鑿あとを残したすっきりしたつくりです。
軟らかい桜材です。
(売約済)




R0028642


10,木製フォールディングチェア フランス
座面まで高さ43cm 背板まで高さ77cm
塗装があったのか分かりませんが枯れた木味もよく、
ナチュラルなファブリックも雰囲気がいいです。
N字の金具が洒落ています。
横揺れはしますが60kg台ぐらいなら座れます。
(売約済)

今回は以上です。
メール、電話、ファクシミリでお問い合わせください。

|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »