« 我谷盆の話 | トップページ | 常滑鳶口小壷  »

2010年7月 5日 (月)

織部のような山茶碗

R0030197_2
常滑山茶碗 平安末〜鎌倉初 径14.5cm

深山に流れる渓流の岩肌ようだ。
厚く溜った部分は青く窯変している。
青い織部のようにも見える。
窯の中の灰がどのようにして
こんな色をつくり出すのだろうか。

「一二三さんなら安くしますよ」
と若手のやさしい言葉にありがたく頂戴した。
じつは購入直後は全体に下手な金の直しがベタベタくっ付いて
呼び継ぎもかなりあるのではと思っていたが
カッターナイフで恐る恐る剥がしていたら
なんと、呼びの陶片が1個のみ。
見応えのある碗になった。
ラッキーなこともある。

同時代の自然釉の常滑の壷は手が出ないが
これだけゴージャスな自然釉なら碗で大満足だ。

R0030161 R0030188 R0030051_2

R0030047_6
(売約済)

|

« 我谷盆の話 | トップページ | 常滑鳶口小壷  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我谷盆の話 | トップページ | 常滑鳶口小壷  »