« 明治の超絶技巧 | トップページ | 人形の頭(かしら) »

2010年11月30日 (火)

ガンダーラ石造レリーフ残欠

Dsc_0044_2

花綱と童子(Cupid and Garland) 3~4世紀頃  片岩 
本体高さ23.5cm 幅12cm 台高さ30cm

載せておきながらガンダーラ美術は詳しくない。
勉強しなきゃな〜と思いながら月日が経ってしまった。
石質については小学生の時
岩石蒐集していたのでこれが片岩だと分かるくらい。
知人に薦められて購入したが
心なしか崇高な芸術品を手にした気がする。
像は童子(キューピッド)で鱗状のものは羽ではなく花綱で
このモチーフはローマの石棺装飾に由来するらしく
ローマ美術など西方の影響が色濃く見える。
下部の変色は元々あった不純物と思う。
裏面はネジで固定されていて怖くて外せない。
(ご売約ありがとうございました)


Dsc_0053  Dsc_0002_2  Dsc_0002_3_3

|

« 明治の超絶技巧 | トップページ | 人形の頭(かしら) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。