« 黒唐津茶碗 | トップページ | 初期伊万里宝文小鉢 »

2010年11月17日 (水)

青織部茶碗

Dsc_0008_2

青織部茶碗 江戸初期 径10.7cm 高さ6.5cm

発掘の織部茶碗。割れはあっても奇跡的に呼びがない。
総織部釉のものはほんとうに少なくなった。
出るのはかけらばかり。
それでも骨董市で陶片がガラガラ入った箱の中から
緑の陶片を見つけると思わず手にしてしまう。
直しは古く、金の直しと金が剥げて下地の漆が見える。
このままでも充分使えます。
飯茶碗もかわいいし、向付けとしても食材が映える。
思い切って緑の器に緑のお茶もお洒落かも。
(ご売約ありがとうございました)


Dsc_0109 Dsc_0001_3

所載品ではありませんが同種のものが文献にありました。

|

« 黒唐津茶碗 | トップページ | 初期伊万里宝文小鉢 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。