« 3/22WEB骨董市 | トップページ | 民窯の小さな片口 »

2011年4月11日 (月)

南部の紫根染

Dsc_0060_2

Dsc_0074 Dsc_0001_2

紫根染め  幅30cm 高さ90cm 幕末~明治

南部地方に紫根染めが伝わったのは鎌倉以前とのこと。
江戸時代には南部藩の保護の下、公家諸大名への献上品とされたらしい。
明治時代に衰退したが大正時代に復活。

写真は木綿。ぼろぼろだけど気高い色はまだ褪せていません。
東北には素晴しい工芸品がたくさんあります。
東北人らしい生真面目さを感じます。
気持ちが和みます。
(売約済み)

花器/「くろや」製 鉄角柱花入 8,000円
花/ヒトリシズカ(一人静)

|

« 3/22WEB骨董市 | トップページ | 民窯の小さな片口 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。