« 民窯の小さな片口 | トップページ | 特集「貧数寄の盆」4/23 »

2011年4月15日 (金)

漆桶と花

Dsc_0004_2_2

わが家の椿「ト伴」です。
10年前、日本橋三越まで苗を
自転車で買いに行ったことを憶えています。
背丈まで大きくなり今年はたくさん咲きました。

漆桶はハムのように縦横紐で縛られた珍しいもの。
紐は漆が固まり胴に同化しています。
小振りなので花も生け易いです。径11.5cm 高さ20cm

Dsc_0036_2

カジイチゴ(梶苺)
いつも立ち寄る空地に花を失敬しようと出向きました。
あちこちいっぱい咲いていた花です。
調べたらカジイチゴ。くしゃくしゃの花が可愛いです。
梶の葉っぱに似ているからのようですが
梶って何?
来月にはおいしい実が成るようです。

漆桶はかなり古く漆でカチカチです。
分厚くて木の肌も見えないくらい真っ黒です。
これも径が15cmを切るサイズでかわいいです。
径13cm 高さ13cm(売約済)

Dsc_0012_2

(お値段お問い合わせください)

|

« 民窯の小さな片口 | トップページ | 特集「貧数寄の盆」4/23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民窯の小さな片口 | トップページ | 特集「貧数寄の盆」4/23 »