« 特集「手軽な酒器」その1 | トップページ | バード・ツリー »

2011年5月 6日 (金)

特集「手軽な酒器」その2

気になるものがございましたらメールかFAXでお問い合わせください。
(尚、夜間のお電話はご遠慮ください。)
写真の盆は非売品です。


Dsc_s026_2_2

Dsc_s013_2 

初期伊万里半筒盃 江戸初期 径6.3cm 高さ4cm

半筒型は珍しいと思います。
少しの呼び継ぎだったのが更に
割れてしまったと思われます。
引っ付き取り跡もありますが白さがきれいです。
(売約済み)





Dsc_r006_2

Dsc_r200 

伊万里輪線文盃 江戸中期  径7.1cm×高さ4.8cm

三本の輪線のある洒落た煎茶碗です。
サイズがいいので酒盃にぴったりです。
見込みに降りものがあります。
勝見氏旧蔵。(売約済み)




Dsc_n002_2

Dsc_n016

白磁猪口と捻白磁碗 2点

白磁猪口は宝暦に作られた初期の作で白は珍品。
くらわんか手の初期とはかなり違うもの。
ニュウだらけですがなかなかお目にかかれないもの。
径7cm×高さ5.5cm
捻白磁碗は内田鋼一作。
菓子型を模していますが煎茶碗に合います。
径8.7cm×高さ5cm
(売約済み)




Dsc_m109_2


Dsc_m115 

斑唐津平盃 桃山 径10.7m 高さ3.1cm

岸岳の斑は陶片だけでも喜ばしいのですが
好きな人も少なくなりました。
すべて呼び継ぎですが、それぞれ楽しく
よくぞぴったりに合わせたと思います。
変わった粉が蒔いてますが金銀の混合粉で蒔くと
見栄えが良いと思います。(売約済み)




Dsc_o180_2

Dsc_o172_2 

お歯黒用鉄釉盃 江戸 径6.5cm×高さ3.4cm

越中瀬戸のお歯黒道具とのことですが盃にぴったりです。
摘みが豚の尻尾のようでかわいいです。
所有者の銘のような墨書きがあります。(売約済み)





Dsc_z036_2

Dsc_z052_3

李朝白磁盃 径9cm×高さ4cm

前期の盃で釉薬の溜まりがきれいです。
縁に欠けがあり銀で直しています。
酒が貫入に染みて味があります。
高台の砂を取った跡があります。(売約済み)




Dsc_m017_2

Dsc_m010_2 

古染付煎茶碗 5客 清初 径6.5cm×高さ3.5cm
古い箱入りで箱だけでもうれしくなります。
大根の葉でしょうか。胴の2カ所に大きく入っています。
1個だけ瑕有りです。(売約済み)




Dsc_0001_2


Dsc_0032

李朝白磁徳利 李朝初期 胴径7.7cm×高さ12.3cm

180ml (1合)
小さな徳利ですが握れるサイズで使い易いです。
口が欠けてますが何と呼び継ぎが
施され銀で直してあります。
擦れ瑕がありますがカセはありません。
(売約済み)




Dsc_0073_2

Dsc_0088 

古瀬戸手付壷 室町 胴径8.7m×高さ7.6cm
共継ぎかと思いましたが同じ窯の呼び継ぎでした。
違和感がありません。
漆の下地のままですが金を蒔くといいと思います。
酒注ぎにもなかなかいいです。180ml (1合)
(売約済み)


Dsc_t068_2

Dsc_t069

美濃鉄釉小徳利  江戸後期 径8.3cm 高さ10.5cm

220ml (1合強)
最小タイプで透けのある鉄釉、
椿手に近い雰囲気です。
二ヶ所押しがあり手に納まるかわいい徳利です。
口に小さく引っ付き瑕があります。
土だらけのジャガイモって感じ。
普段使いにどうぞ。8.000円(売約済み)




Dsc_a019_2

Dsc_a028


青緑釉片口 信楽 明治 胴径8.9cm 高さ4,8cm

とても美しく可愛い片口です。
小杉焼かと思いましたが信楽だそうです。
ターコイズのようなペルシャ陶器のような
青い釉の魅力的な片口です。
民窯にもまだまだ面白いものがあります。(売約済み)


以上です。
気になるものがございましたらメールかFAXでお問い合わせください。
(尚、夜間のお電話はご遠慮ください。)

|

« 特集「手軽な酒器」その1 | トップページ | バード・ツリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特集「手軽な酒器」その1 | トップページ | バード・ツリー »