« たんぽぽの綿毛 | トップページ | WEB骨董市6月4日 »

2011年5月22日 (日)

WEB骨董市5月23日

気になるものがございましたらメールかFAXでお問い合わせください。
(尚、夜間のお電話はご遠慮ください。)


Dsc_0001_2_2

Dsc_0017_2

泥塔 (種子大日如来陽刻宝塔) 高さ7cm 藤原末〜鎌倉初期 箸尾出土
奈良県箸尾出土の泥塔。
2つ割の型で作られ底に舍利孔がある。
形の崩れもなく宝塔の型が美しい。
(売約済み)





Dsc_0012_2_2

 Dsc_0020_2 

砂金すくいの木皿 タイ 径32.3cm 高さ5cm
枯れ味のいい木肌で
ゆったりした角度が絶妙です。
川の中の砂をすくって砂を流し真ん中の窪みに砂金を集める道具で
日本でも同じ形です。
わりと重い材でヒビがありますがしっかりしています。
(売約済み)





Dsc_0002_2


Dsc_0018 Dsc_0015

輪花白磁大鉢 19世紀末 フランス (クレイユ・モントロー)
径31.5cm 高さ10cm

軟らかいフランスの軟陶器。
クレイユ・モントローの珍しい輪花の大鉢。
ガサッと料理を盛りつけると素敵です。
入が3ヶ所くらいありますが漆で埋めています。
(売約済み)





Dsc_j014_2


Dsc_j020 

定盤 明治 縦24cm 横36cm 高さ7.5cm
塗師が使う作業盤。

引き出しがあったり机を代用したりするものが多いけれど

小さくてシンプルな定盤は珍しいと思います。
(売約済み)





Dsc_w007_2

Dsc_w013_2 

白磁瓶 明治 胴径8cm 高さ23cm
酒類を入れたボトルでしょうか。
半陶半磁の軟らかい肌で雨漏りの染みが味わい深いものとなっています。
肩に降りものがかかり初期伊万里のような趣きです。
これほど肌の魅力があるものはそう多くはないでしょう。
写真映りもいいです。(売約済み)





Dsc_k013_2_2

 Dsc_k049


浄法寺黒塗大椀 (岩手) 江戸 胴径17〜18cm 9.5cm
椀か祭器なのかわかりませんが
黒塗りのみは珍しいと思います。
古格があり無骨なつくりで江戸はしっかりあります。
上塗りが剥げて黒い下地が出てますが
これ以上は剥げないでしょう。(売約済み)





Dsc_tn70_2

Dsc_tn84

丹波中鉢 幕末 径20cm 高さ6cm
珍しい丹波の鉢です。
鉄分の多いザングリした土に白い化粧土を施され
ツートーンで洒落ています。色々な料理に活躍しそうです。
めったに見つかりません。
(売約済み)




Dsc_t023_2

Dsc_t032 

煙草入れ 幕末 縦14.5cm 横10.2cm 高さ8.6cm
丸い穴にスライドする蓋が付いた煙草入れで
刻み煙草がビッシリ入っていました。
木釘の組みで木味もいいです。(売約済み)





Dsc_b020_2_2


Dsc_b031_2_2 Dsc_b38_2 Dsc_b064_2 

Dsc_b58_2_2 Dsc_b49_2 Dsc_b022

備前大鉢 江戸 径33.5cm 高さ18.5cm
メダカか火鉢にぴったりです。
底の窯印は江戸の中期から後期のものです。
ねっとりとした良質の土でロクロも冴えています。
縁には火襷も出ています。
水は漏れません。
けっこう深いので田土を入れた植木鉢を沈めて
水性植物を育ててもいい感じです。
メダカも長生きします。(売約済み)





Dsc_d065_2

Dsc_d004_2

火吹き達磨 明治 高さ6.7cm
北陸の民具といわれ達磨を加熱して水に浸けたあと
炭の前に置くと蒸気を吹くという楽しい民具です。
凹みがありますがめったにお目にかかれない
知る人ぞ知る珍品です。(売約済み)
(鉄瓶、火鉢は備品です)





Dsc_vb128_2

Dsc_v138_2

万古急須 昭和
珍品堂ご推薦の平凡至極の万古急須。
大先生の一文から
「そのたやすく買えた急須が、ここ10年くらい、
まったく気づかない間に急激に異常な変化をきたしはじめてきた。
割れて代りを求めようとしても
全く代わりのものが買えなくなってきたのである。
方々たんねんにさがし求めても、
わずか十数年前にいくらでもあった急須が買うことができない。
(中略)
私は今更ながらに凡々の万古の急須に懐古の情をもよおしはじめたのである。
旅のついでに田舎の道具屋、場末の骨董屋、それからそんなことを話せば
すぐにも通じる骨董好きに依頼して古い急須をさがしだした。」
『見捨てがたきもの』より
というわけで私も大小2点さがしました。





Dsc_v069_2 
大/径8.9cm 高さ5.6cm
味がありツマミがくるくる回ります。
蓋の納まる胴の縁に欠けがありますが
支障はありません。「万」の銘。(売約済み)

Dsc_vb08 
小/径8.2cm 高さ4.7cm
前掲の大より味は劣りますが時代的には変わらないでしょう。
「杉山」の銘あり。(売約済み)

気になるものがございましたらメールかFAXでお問い合わせください。
(尚、夜間のお電話はご遠慮ください。)

|

« たんぽぽの綿毛 | トップページ | WEB骨董市6月4日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。