« 次回WEB骨董市/特集「和みの宗教美術」 | トップページ | as it is »

2011年7月10日 (日)

WEB骨董市 7/10 「和みの宗教美術」

商品についてのお問い合わせはメールかFAXでお願いいたします。
(尚、夜間のお電話はご遠慮ください。)

Dsc_b011_2

Dsc_b049 Dsc_b042

聖母子像イコン 19世紀 ブルガリア
19cm× 32.5cm 厚み9mm
ブルガリアにも古くから正教会があり
正教徒による聖像制作が行なわれていました。
このイコンは無垢材から縁飾りを立体的に削り出し
聖母像も素朴に描いた稀少なものと思われます。
(売約済)




Dsc_c005_2


Dsc_c029 Dsc_c015 Dsc_c076

キリスト像の腕 17世紀 フランス
長さ38cm
古いキリスト像の左腕の残欠です。
堅木から作られていますが永い時を経て
白く枯れ切って石化したような雰囲気です。
かえって崇敬の念を抱きます。
小指が欠損していますが他の指は釘で止められています。
(売約済)




Dsc_r001_2


Dsc_r031_2 Dsc_r036_2 Dsc_r040_2


Dsc_r005

イコン(リタブロ)大天使像 メキシコ 19世紀
25cm×34.8cm 額36.5cm×44cm
メキシコのイコンで鉄板に描かれています。
この図像は大天使ラファエロと思われ
雲の中からドラマチックに現れた表現描写です。
顔料の剥離があります。
(売約済)




Dsc_m017_2

Dsc_m054_3 Dscm069_2 Dsc_m078_2 

Dsc_m050_2

イコン(リタブロ)聖母子像 メキシコ 19世紀
24.3cm×33.3cm 額30.5cm×39.5cm
バラに囲まれた華やかな聖母子像です。
聖母も少女のように可愛らしい表現です。
顔料の剥離があります。
(売約済)




Dsc_g064_2

Dsc_g095

元興寺 板絵 鎌倉時代
12cm×27.8cm 厚み1cm〜1.5cm
初見のものです。
座像4体がおそらく版によって押された板の残欠で
壁を飾ったものではないかとのこと。
彩色が残ったものが資料にあるらしいのですが
残念ながら見つかりません。
(売約済)




Dsc_kk002_2

紺紙金字法華経 藤末鎌初
縦26.5cm 額25.9cm×32cm
紺に染めた美しい料紙に金泥で書写したもの。
紙のヤケや字の擦れた部分がありますが
時代の良い資料と思います。
(売約済)




Dsc_bm03_2


Dsc_bm07_2 

仏名経 鎌倉時代
8.5cm×15cm 額25.9cm×32cm
過去世、現在世、未来世に出現する諸仏の名前を列挙した経。
三体のかわいい座像が描かれています。
界線下部(地)に同じ経の料紙が足されています。
界線の内部ではないので気にならないと思います。
(売約済)





Dsc_kh0_2


Dsc_kh2_2


無量義経ほか 藤原時代
左/縦24.5cm 右/縦25.9cm 額25.9cm×32cm
伝来などは分かりませんが
地味ながらも良い書風です。
(売約済)





Dsc_ca45_2

Dsc_ca148 

コプト裂 その1 エジプト 4~8世紀
9cm×17cm 額25.9cm×32cm
エジプトの古代キリスト教徒の織物。
綴れ織りが代表的な織物で抽象幾何学紋様が多く
これらも残欠ながら色彩や細かい図形が魅力的です。
(売約済)





Dsc_cb56_2

Dsc_cb167 

コプト裂 その2 
17cm×22cm 額25.9cm×32cm
(売約済)





Dsc_cc81_2

Dsc_cc90_3 

コプト裂 その3
21cm×16.5cm 額25.9cm×32cm
(売約済)





Dsc_cd03_2


Dsc_cd07 

コプト裂 その4
12cm×20cm 額25.9cm×32cm
(売約済)





Dsc_t000_2

Dsc_t031 

金銅菩薩像 唐時代
2.3cm×10cm 
腰をくねらせ、透かしのある光背に大きな化仏を表した
唐時代の典型的な菩薩像です。
キャストも良く風化による摩耗や崩れもなく
顔の表情も細かく刻まれています。
いちばんの魅力は鍍金が全体に残っていて山吹色に輝いています。
残念ながら右肘下の衣の欠損と
脚が台座から折れて直しがあるとのことですが
格調高い小品としてご満足いただると思います。
(折れ部分は拡大して見ても確認できません)
(売約済)





Dsc_d11_2


Dsc_d12_ Dsc_d13_2 Dsc_d14_2
泥塔 その1 奈良県田原本町宮古出土 藤末鎌初
高さ5.5cm
平安後期から泥塔による多数小塔供養が貴族の間に盛んに行われました。
二つの割型による成形で大きさや形も様々
舎利孔も無かったりします。
これから紹介するものはすべて宮古出土のものです。
18,000円14,000円






Dsc_d21_2


Dsc_d22_2 Dsc_d23_2 Dsc_d24

泥塔 その2 奈良県田原本町宮古出土 藤末鎌初
高さ6.2cm
18,000円14,000円




Dsc_d31_2

Dsc_d34_2

泥塔 その3 奈良県田原本町宮古出土 藤末鎌初
高さ5.3cm
(売約済)





Dsc_d41_2

Dsc_d44_2

泥塔 その4 奈良県田原本町宮古出土 藤末鎌初
高さ5cm
(売約済)






Dsc_d51_2


Dsc_d53 Dsc_d52 Dsc_d54

泥塔 その5 奈良県田原本町宮古出土 藤末鎌初
花輪にあたる部分が方形です。
高さ6cm
18,000円14,000円





Dsc_d63_2


Dsc_d61_2_2 Dsc_d62 Dsc_d64

泥塔 その6 奈良県田原本町宮古出土 藤末鎌初
こちらは形が崩れているだけで3点はお得と思います。
高さ4〜5.3cm
(売約済)






Dsc_d72_4

Dsc_d71_2 Dsc_d73_2 Dsc_d74

泥塔 その7 奈良県田原本町宮古出土 藤末鎌初
高さ5.3〜5.6cm
こちらも塔の欠けがありますが花輪にあたる部分が方形で
サイズも大型で珍しいと思います。(売約済)

以上です。商品についてのお問い合わせはメールかFAXでお願いいたします。

|

« 次回WEB骨董市/特集「和みの宗教美術」 | トップページ | as it is »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次回WEB骨董市/特集「和みの宗教美術」 | トップページ | as it is »