« WEB骨董市/「懐寂しくとも愉しき骨董」 | トップページ | 志野四方入隅向付 »

2011年9月28日 (水)

清貧プレイ

Dsc_0014_2

Dsc_0031_2 Dsc_0005


Dsc_0144_2 

Dsc_0051 Dsc_0068 Dsc_0016

Dsc_0111_2

古唐津茶碗 径10.4cm 高さ6.5cm

与作どんの昼餉のようです。
簡素清貧を試みてみました。
清貧ならぬ赤貧じゃねえのと言われそうです。

最近では清貧を耳にします。
侘び寂びも清貧と重なる部分があるように思えます。
ただ侘び茶は追い求めると金がかかります。

この茶碗は片薄の高台、堅い長石釉が溶けきれず
枇杷色になって梅花皮や貫入が全体を覆っています。
不憫なボロッケツですが
大きさもあって瑕も少なければ「奥ナントカ」かも。
貧者の戯言です。

(日々常用につき非売です)

|

« WEB骨董市/「懐寂しくとも愉しき骨董」 | トップページ | 志野四方入隅向付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WEB骨董市/「懐寂しくとも愉しき骨董」 | トップページ | 志野四方入隅向付 »