« 2011年10月 | トップページ

2011年11月24日 (木)

梅瓶型の須恵器

Dsc_0021a_2


Dsc_0017_2 Dsc_0070_2 Dsc_0040

Dsc_0026_2_2

Dsc_0020_2

須恵器 11〜12世紀  胴径13.5cm 高さ23.5cm

中国には梅瓶(めいぴん)という高貴な壷があるけれど
これはその形に近い平安時代の須恵器。
細かく粘りのある胎土に自然釉が流れています。
何より花を生けてみたいと思っていた形で
高名なお花の先生もこれに似た形の壷に
花を生けていました。
曲のある梅を生けるといっそう気高く
ゴージャスなのではと思います。
花は習ったこともなくおこがましいのですが
器を引き出したいので大仰にならないよう気をつけます。
あとは器がなんとか形にしてくれます。

写真は錦木とバラの実、菊。
都心は紅葉が乏しく秋らしさを感じないのですが
公園のハゼノキや南天、錦木が真っ赤になり目をひきます。
(売約済)

| | コメント (0)

2011年11月16日 (水)

古染付吹墨梅鴬文皿

Dsc_0040_2_3

Dsc_0046_2 Dsc_0085 Dsc_0032

古染付吹墨鶯梅文皿 (明末17世紀前期)
径14.2cm 高さ2.6cm

骨董を始めて間もない頃
古染付の存在を知り伊万里との違いが分かると
俄然楽しくなったことを思い出します。
「辻留」の懐石料理の本に出ていたりして憧れたものでした。
古染付といっても型づくりの向付や祥瑞手は垂涎の的。
吹墨もなかなかお目にかからないものでした。
骨董店の棚に古九谷や柿右衛門と並んで置かれたものです。


Dsc_0096_3 Dsc_0108

吹墨は初期伊万里にも同柄があるけれどこちらが本歌。
時間差もなくクイックに模倣したのには驚かせられます。
この吹墨は梅の古木に鶯が飛んでいる目出たい柄。
新春の茶や酒の席にぜひ登場させたい皿です。
(売約済)

| | コメント (0)

2011年11月 6日 (日)

WEB骨董市/「秋のセール 様々な器」

商品についてのお問い合わせは
メールか電話、FAXでお願いいたします。

気になることや分からないことがありましたら
ご注文される前にご質問いただきますようお願いいたします。

(尚、夜間のお電話はご遠慮ください。)


A_00_2


A_0081 A_0091

須恵器 平安  胴径.11cm 高さ17.5cm
俵型の中世の須恵器。
この時期は奈良朝に見られない変わった形状のものが見られます。
堅く焼けて肌に変化があり花を引き立てます。
水は滲みません。(売約済)




Asc_0009_2

Asc_0166 Asc_0160

草花文高台付猪口 (江戸) 径7.3cm 高さ5.4cm
高台付猪口は昔から別格扱いでした。
ぽってりとした厚底で
草花の線は強弱があり花火のように弾けています。
柳宗悦も白洲正子、青山二郎そして秦秀雄も
大好きだった猪口のスタンダード。在りそうで無い。
無瑕完好。
(売約済)




Bsc_0006_2

Bsc_0003 Bsc_0027_2 Bsc_0035

無地唐津山盃(江戸初期)径7.6cm 高さ4cm
山盃ですが高さと深さがあり
糸切り底と言えどもなかなか良い形です。
鉄分の無い白い土で
枇杷色に近い艶やかな釉の上がり。
金の直しが似合っています。
同窯の呼継があります。
お値段も手頃です。
(売約済)




Csc_002_2

Csc_0097 Csc_0116_2 Csc_0093_2

李朝刷毛目茶碗 李朝前期 径12.4cm 高さ7cm
熊川茶碗を彷彿する丸い腰にわずかな端反り
立ち上がった高台。
見込みが深く、茶も点てやすい形で
かわいらしさもあり手に馴染みます。
割れは残念ですが景色の一部として
見ていただけると幸いです。
(売約済)




Msc_0037_2

Msc_0049_2

木地盆(栗)大 明治 径36cm 高さ3cm
堅く堅牢で木目が明瞭な野趣ある盆です。
この手も見つからなくなりました。(売約済)




Msc_0068_3


Msc_0075 

木地盆(栗)と 糸目盆 (明治 )
径27.5cm 高さ2.5cm/径27.3cm 高さ2cm
栗は使い込まれて滑らかな手触りの良い盆です。
糸目盆は傷みがありますが低めで使い良いです。
(売約済)




Dsc_009_2

Dsc_0079_2 Dsc_0070

常滑山茶碗 鎌倉 径16.6cm 高さ6cm
自然釉が均等に降り掛かった天場の山茶碗。
薄作りで内面はゆったりしたカーブを描き端正な器型。
すっきりした付け高台も魅力です。

古い銀直しがありますが風格のある得難い優品です。
(売約済)




Esc_0180_2


Esc_0191 

桔梗型伊万里白磁 (江戸中期)径9.1cm 高さ6.5cm
清楚な桔梗型の白磁。
水色に溜まった釉もきれいです。
残念ながら花弁と高台にホツ2カ所と
欠けを金で直してあり、爪にかからない入が
3カ所あります。(売約済)





Fsc_0275_2

Fsc_0295_2

田舎椀 (江戸) 径13cm 高さ9cm
ざっくり削り出した肉厚の椀でです。
布被せが無く塗りっぱなしですが
傷みがないのでまだまだ使えそうです。(売約済)




Gsc_0245_2

Gsc_0262

猿投盃 (平安) 径9.5cm高さ2.6cm
東海系の白瓷で猿投と呼ばれるものです。
平安期の盃は稀です。
銅器のような成形で高台もシャープに削られています。
施釉されていますが重ね焼きのために丸く抜かれています。
少し焼きが甘く黄色っぽい土に上がっています。
金直しがあります。(売約済)




Hsc_0325_2

Hsc_0308_2 Hsc_0333_2

唐津皮鯨平盃 桃山~江戸初 径10.4cm 高さ3cm
窯割れがあるのみで瑕気のない皮鯨。
小皿ですが深さがあるので酒が楽しめます。
裏にカセがありますが見込みは艶やかです。
(売約済)




Isc_0214_2


Isc_0237_2 Jsc_0002


ストーンウエア ピッチャー ドイツ15世紀 
胴径10.1cm高さ13.5cm
ねっとりとした粘りのある土で所謂拓器です。
塩釉により褐色の照りがあり全体に艶やかです。
独特の器形で高台は手で捻った古式のつくりで
17世紀に入ると平らな糸切りになります。
高台の三分の一に共直しがしてあります。
(売約済)




Jsc_0339_2

Jsc_0355

伊万里酢猪口、小碗3点セット(江戸)
径5.5cm高さ6cm/径7.7cm高さ5.5cm/径5.4cm高さ6cm
左から/鱗文酢猪口は焼きが甘いのですが
絵付けが細かく珍しい柄。
小碗はダミの描き込みがが面白い中期の作。
草花文はシンプルに二面の絵付け。(売約済)




Ksc_0007

Ksc_0035_2 Ksc_0016 Ksc_0050

Ksc_0057 Ksc_0064 Ksc_0066_2

灰釉銅緑釉掛大鉢  江戸初期 径32.5cm高さ9.5cm
黄瀬戸釉とタンパンが掛かった迫力ある大鉢で
呼継と金継でド派手な様相です。
大川東窯のもので以前は黄瀬戸と呼ばれていたものです。
へうげものの好きな方にお薦めです。
(売約済)





Psc_0054_2

Psc_0157_2 Psc_0177 Psc_0150

備前陶板 (江戸)最長23.5cm高さ1cm
備前の窯道具です。
薄く焼味が良く風情があります。火襷もあり両面使えます。
桃山の趣がありますが
江戸中期から後期のものだそうです。
薄いものは桃山、厚いのが江戸後期などとも聞きますが
このような丸形や隅切りの角形陶板など
最近出回るものはほとんど江戸後期のものらしく
桃山として売られている場合があります。
味が良くて安価であればいうことなし、ですが。
(売約済)





Osc_0009_2


Osc_0017 Osc_0044 0sc_0404

合鹿椀 径14cm 高さ10cm  (室町末期~江戸初)
特別出品です。
貫禄と古格を備えた合鹿椀です。
能登は柳田村産の幻といわれる古代椀。
三重椀のうちの一の椀。
肉厚で見込みが深く丸みのある腰。
高台の立ち上がりも堂々としています。
縁の布被せは下地に埋もれています。
高台内に「う」の記号。
高台の赤味のある部分的な塗りは
直しと思われますがこれもかなり
古い時代のものでこのまま使用出来ます。
某合鹿椀作家の作品と値段が変わりませんが
こちらは本歌です。(売約済)

|

2011年11月 3日 (木)

次回WEB骨董市/「秋のセール 様々な器」

Web_4

次回WEB骨董市は特集「秋のセール 様々な器」

11月6日(日)午後10時のアップロードです。

予定日が変更になりご迷惑おかけいたしました。

よろしくお願い致します。

|

« 2011年10月 | トップページ