« WEB骨董市/「秋のセール 様々な器」 | トップページ | 梅瓶型の須恵器 »

2011年11月16日 (水)

古染付吹墨梅鴬文皿

Dsc_0040_2_3

Dsc_0046_2 Dsc_0085 Dsc_0032

古染付吹墨鶯梅文皿 (明末17世紀前期)
径14.2cm 高さ2.6cm

骨董を始めて間もない頃
古染付の存在を知り伊万里との違いが分かると
俄然楽しくなったことを思い出します。
「辻留」の懐石料理の本に出ていたりして憧れたものでした。
古染付といっても型づくりの向付や祥瑞手は垂涎の的。
吹墨もなかなかお目にかからないものでした。
骨董店の棚に古九谷や柿右衛門と並んで置かれたものです。


Dsc_0096_3 Dsc_0108

吹墨は初期伊万里にも同柄があるけれどこちらが本歌。
時間差もなくクイックに模倣したのには驚かせられます。
この吹墨は梅の古木に鶯が飛んでいる目出たい柄。
新春の茶や酒の席にぜひ登場させたい皿です。
(売約済)

|

« WEB骨董市/「秋のセール 様々な器」 | トップページ | 梅瓶型の須恵器 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。